コラム・Q&A

リスクだらけ! 危険な自己流黒ずみケアの失敗例まとめ!

脇に黒ずみができてしまった場合、病院などで人に見せる前に自分でなんとかしたいと思うのは、女性ならば自然な考えです。

ですが、脇は身体の中でもデリケートな部位。誤った自己流ケアをしてしまうと非常に危険なので、最悪の場合、黒ずみとは比較にならないほど大変な状態になってしまいます。

そこで今回の記事では、そんな自己流ケアの失敗例をまとめていきます。

ずーみん
ずーみん
「なぜ失敗してしまうのか?」「どんなリスクがあるのか?」も合わせてまとめていきます。
マイ
マイ
これを読めば自宅で1人でケアをしても安全に黒ずみをキレイにできるわ。
シゲル
シゲル
まずは、黒ずみの原因からチェックするにゃ!

脇の黒ずみの原因は主に2つ

脇の黒ずみの原因となっているのは主に「メラニン色素の沈着」と「毛や老廃物の埋没」です。見分け方は簡単で、黒ずみの部位を見て肌の表面に凹凸がなければ色素沈着、凹凸があれば毛等の埋没が原因です。

これらを踏まえた上でこれから紹介する失敗例を見ていけば、なぜ失敗してしまったのかがよくわかります。

ずーみん
ずーみん
それでは、早速見ていきましょう!

黒ずみを擦り落とそうとした

[出典 : http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/]

黒ずみは一見汚れにも見えるので、アカスリなどのザラザラした布で強く擦ってしまうと間違いなく逆効果になってしまいます。絶対に避けるようにしてください。

色素沈着が原因の場合、肌が乾燥している状態で刺激を与えると肌が自己防衛のために色素を沈着させようとします。ですので、擦ってしまうと逆に色素をより沈着させることになります。

毛や老廃物の埋没が原因の場合も同様で、上から擦ることで毛等がより肌の奥深くに潜り込んでしまい、黒ずみが悪化したと気づいた時には、すでに処置の施しようがなくなります。

ずーみん
ずーみん
状態によっては皮膚科で専用の器具を使わないと処置できないことになります。気をつけるようにしましょう。
マイ
マイ
身体を洗う時には、優しく洗うようにすると刺激が少なくなるわ。症状が軽い場合はそれだけで黒ずみの改善につながるわよ。

必要以上に強い力で無駄毛の処理をしている

[出典 : http://item.rakuten.co.jp/gentsclub/r89/]

脇は毛穴が他の部位に比べて大きく、肌も弱いため、自然と太い毛が生えてきます。ムダ毛処理の際にはカミソリやシェーバーを強く当ててしまいがちですが、黒ずみがあるとよりその傾向は強くなるようです。

こちらも黒ずみを擦り落とそうとした時と同様に、より色素を沈着させてしまったり、毛や老廃物をより肌の奥深くに押し込んでしまう結果につながることもあります。

シゲル
シゲル
ムダ毛処理には注意が必要ってことにゃ!

マイ
マイ
でも、女性にはどうしてもムダ毛を処理しないといけない時が多くあるわよね。
ずーみん
ずーみん
そういう場合には、シェービングクリームなどを使って肌への刺激をなるべく抑え、処理後には化粧水などでしっかり保湿してあげれば問題ありません。

毛穴パックなどの使用

毛穴パックの使用は、原因がわかっていても陥りやすい失敗です。
そもそも色素沈着が原因の場合は毛穴に刺激を与えるだけで意味がない上に、毛穴が一時的に開いた状態になってしまうため、パック後のケアをしっかりしないと色素沈着と同時に毛穴に老廃物を溜める結果になってしまい、
2種類の黒ずみを併発させる最悪の状況になる可能性もあります。

また、毛穴に溜まっている老廃物が原因の場合、一時的に大半の汚れは取れるので、黒ずみが治ったように思うかもしれませんが、パック後のケアをきちんとしないとすぐに再発してしまいます。その上、下手をするとパック時に毛穴が傷ついてしまう可能性もあるので、短期間でより悪化した状態で黒ずみが表れてしまいます。

マイ
マイ
毛穴パックは、使い終わった後が肝心ね!
ずーみん
ずーみん
毛穴を引き締めるために化粧水を使ったり、冷たい水につけた布などでしばらく脇の肌を押さえておくことで再発や悪化を防げます。

まとめ

これらの失敗例に共通しているのは、肌に無駄な刺激を与え過ぎているところ。自己流ケアを行う際にも、原因と失敗例を意識すれば、悪化という最悪の事態は防ぐことができます。

ちなみに、脇の黒ずみを自己流でケアする場合には、肌に刺激を与えず、再発を抑えた上で効果が出る薬用美白クリームをオススメします。

薬用美白クリームには「医薬指定品」というものがありますが、こちらは効果が強すぎて肌に逆に悪影響が出ることがあるため、「化粧品に美容成分が含まれたもの」をオススメします。

マイ
マイ
「化粧品に美容成分が含まれたもの」の中では、「アットベリー」という商品が肌に優しく効果が期待できるのでオススメよ。

アットベリーには、プラセンタやグリチルリチン酸といった美容成分が多数含まれていて、これらの効果によって、色素の除去や毛等の埋没が原因の黒ずみを根本的に除去することができます。

ずーみん
ずーみん
クリームなので保湿効果もたっぷり含まれていて、再発予防もこれひとつで補うことができます。脇の黒ずみを誰にも見せずに、コッソリと自分でケアしたい方にオススメです!
シゲル
シゲル
アットベリーが気になる人は、こちらの関連記事を要チェックにゃ!

リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」を2ヶ月間使ってみたたまたま誰かに脇を見られたとき、ガン見されてしまった。「脇黒くない?」って彼氏に言われてしまった。逆に、誰かの脇を見たらすごく黒ずんでい…

 

最後に

今回の記事では、絶対にやってはいけない黒ずみの自己流ケアについてご紹介してきました。改めてまとめると、以下の3つを行えば、黒ずみは解消します。

  • ・黒ずみの原因をしっかりと特定する
  • ・ケアの際には極力肌に刺激を与えないように注意する
  • ・ケア後には再発予防のために保湿や毛穴の引き締めをきちんと行う

このようになります。

ずーみん
ずーみん
オススメの商品としてご紹介したアットベリーを使えば、これらの条件をすべて満たした上で脇の黒ずみを除去できますよ。
シゲル
シゲル
アットベリーの公式サイトも要チェックにゃ!

アットベリー公式サイト