コンテンツ詳細

アットベリーとピューレパールは、どちらも脇・デリケートゾーン(陰部)など肌の黒ずみ解消に効果があるとされる商品です。

どちらも価格帯は似ていますが、やはり化粧品の効果には個人差が大きいため、どちらの方がより効果が期待できるか気になる人も多いと思います。

今回は2つの製品の効果やコストパフォーマンスに注目して、どちらがお得なのかを検証してみました。

アットベリーとピューレパールはどっちが効く?

まずは最初にも述べましたが、私の見解をもう一度確認させていただきます。

それは、「化粧品の効果には個人差によるものが大きい」というもの。

商品Aのほうが効き目を実感できると言う人もいれば、商品Bのほうが良いよ!

という意見の人もいるのは、やはりこの個人差によるものです。

これはもちろんアットベリーとピューレパールにおいても同様で、ネット上には

「アットベリーのほうが効く!」

という口コミもあれば、

「いやいやピューレパールの方がいいよ!」

という意見が色々とあり、みなさんもどちらを購入すればいいのか正直迷ってしまっていることでしょう。

慌てている

アットベリーとピューレパール両方を使ってみた感想

実は、私はアットベリーもピューレパールも両方使用したことがあります

また、クレアフォートやラヴージュといったその他の脇の黒ずみケアコスメも使用しました。

それほど脇の黒ずみと脇のブツブツになった毛穴に悩んでいたんです。

最初にアットベリーを使用した結果→黒ずみは解消

アットベリーを使用した結果

私がまず最初に使用したのはアットベリーでしたが、その理由はアットコスメなどのサイトでも口コミが多く、効くと言っている人の数もかなり多かったからです。

アットベリーを1ヵ月半で1つ使い切りましたが、使い切るまでに脇の黒ずみはほとんど目立たないまでに改善することができました。

ただしこれは人によっては2~3ヶ月かかるという口コミも見られるので、やはり個人差に依存するところが大きいところはみなさん確認しておきましょう。

アットベリー公式サイト

アットベリー公式サイト

その後ピューレパールを使用した結果→脇のブツブツ改善・ニオイを抑える効果も実感

ピューレパール

その後、私はピューレパールを使用しました。

その理由は、ピューレパールは脇の黒ずみはもちろん、毛穴をしっかり保湿することでブツブツの解消にも効果があるという口コミを見つけたからです。

また、脇の匂いを防止するはたらきもあるということで、アットベリーを使い終わった直後にピューレパールを購入しました。

結果的に2ヶ月ほどで脇のブツブツは改善され、ニオイに効くという口コミ通りの効果も実感できたため、

個人的には大満足の結果を得ることができました。

大満足

ピューレパール公式サイト

アットベリーも使い続ければブツブツに効果がある!

私は1ヶ月半アットベリーを使ったあとピューレパールに乗り換えという形になりましたが、

実はアットベリーの口コミの中にも脇のブツブツはしっかり改善されたというものがありました。

私が「脇のブツブツ 解消」と調べたときに紹介されていた商品がたまたまピューレパールだったというだけで、使い続ければアットベリーでも同様の効果を実感できた可能性はあるということです。

また、肌をしっかり保湿して肌が本来持つターンオーバー能力を高めて肌の再生能力を改善(アンチエイジング)という商品の特性に注目すれば、アットベリーもピューレパールもさほど違いはありません。

なるほど

したがって、これらの結果や他の人の口コミから私が出した結論は、

  • しっかり使い続ければアットベリーもピューレパールも脇の黒ずみやブツブツの改善が期待できる。
  • ただし、個人差はあるため、アットベリーだけが効く、ピューレパールだけが効く、という人も中にはいる可能性がある。

というものです。

アットベリーとピューレパールの成分を比較

個人差はあるものの、どちらも脇の黒ずみやブツブツには効くという結論を出した後ではありますが、

ここで2つの製品の成分を比較してみましょう。

ポイント コツ

アットベリーの成分

▼有効成分
水溶性プラセンタ・グリチルリチン酸カリウム

▼6種類の保湿成分
セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・トレハロース・アラントイン

▼3種類の植物成分
甘草フラボノイド・トウキエキス・エイジツエキス

▼2種類のニオイケア成分
桑エキス・天然ビタミンE

▼6種類の肌荒れ防止成分(有効成分含む)
グリチルリチン酸カリウム・アロエエキス・シャクヤクエキス・人参エキス・クララエキス・ワレモコウエキス

ピューレパールの成分

▼有効成分
水溶性プラセンタ・グリチルリチン酸カリウム

▼26種類の保湿成分
ヒアルロン酸3種類・コラーゲン3種類・セラミド3種類・他、17種類の保湿成分

▼10種類の美白サポート成分
セイヨウナシ果汁発酵液・セイヨウオオバコ種子エキス・米ぬかエキス・ダイズエキス・オウゴンエキス・甘草フラボノイド・トウキエキス・サクラ葉抽出液・コラーゲントリペプチド F・ヒメフウロエキス

ピューレパール成分

(出典:http://pule-p.com/)

ピューレパールは保湿成分や美白、透明感をサポートする成分が充実しているのが、ポイント高いですね。

▼2種類のニオイケア成分
桑エキス・コンフリーエキス

▼8種類の肌荒れ防止成分(有効成分含む)
グリチルリチン酸カリウム・ユズセラミド・米ぬかエキス・ユキノシタエキス・シャクヤクエキス・ワレモコウエキス・甘草フラボノイド・桑エキス

こうして見てみると、どちらも肌の保湿をするコラーゲンやヒアルロン酸といった成分に加えて、抗炎症成分のあるグリチルリチン酸カリウムが配合されていたり、肌のターンオーバーを促進すると言われているプラセンタが配合されています。

そのため、どちらの商品も使い続ければ脇の黒ずみやブツブツの改善にそれなりの効果があるのだろうということは納得できますよね。

アットベリーとピューレパールの返金保証について

アットベリーは180日以内、ピューレパールは永久返金保証が付いています。

ただし、商品の返金条件もあります。返金の流れを確認しておきましょう。

▼アットベリー

1 メールまたは電話で連絡をする
  ■メール:info@menina-joue.jp
  ■電話:0120-910-162(平日10:00~19:00)
2 返金申請書を送られてくるので返送する(送料は自己負担)
3 確認後、指定した口座に20日以内に返金される

★返金は商品一つにつき、お一人様1度限り
★返金は初回購入分の1個分のみ
★返金期間は、初回お届け分が届いてから180日以内

参考URL:http://www.at-berry.jp/a8/

▼ピューレパール

1 返金希望の際は必ず販売元に事前に電話する
  ■電話:0120-36-3525(平日10:00~18:00)
2 返金申請書に必要事項を記入し、お買上げ明細書、商品の容器、商品の箱の計4点を同封して、配達記録が残る配達方法で送る
3 確認後、約2週間以内に指定の銀行・郵便局預金口座へ返金される

★返金は商品一つにつき、お一人様1度限り。使用済みでも可
★返金は初回購入分の1個分のみ
★定期コースをご注文の方で、万が一お肌にあわなかった場合

参考URL:http://www.withcosme.com/lp/pulepearl/aff/

以上が各商品の返金の流れになりますので、返金を希望する場合には確認しておきましょう。

これを見てみると、返金の条件もゆるく、

効果を実感できなかった場合に返金保証を行っている

という面では、アットベリーのほうが安心して使えると言えるかもしれません。

ピューレパールの返金条件は「肌にあわなかったとき」のみですからね。

こういった条件も参考にしながら、どちらの商品が良いのか検討の参考にしてみてください!

参考にしてみてね!

それでも迷ってしまうかたは?

それでも決められないなら下のように選ぶと間違いないですよ♪

黒ずみ解消なら → アットベリー

ブツブツ解消なら → ピューレパール

関連記事

ページ上部へ戻る