コンテンツ詳細

脇はとてもデリケートな場所です。ですので、顔や全身と同じようにケアしなくてはいけません。脇のケアを怠ってしまうと、脇に黒ずみが出来てしまいます。そして、1度黒くなってしまったら中々綺麗になりません。
そこで、今回は脇の黒ずみの原因をいくつか上げていきます。

メラニン色素の沈着

脇はとてもメラニンが溜まりやすい場所です。メラニンは外部からの刺激などを守るために、皮膚を厚くさせてしまいます。そこに『メラノサイト』という肌の中に隠れている色素が沈着して脇が黒ずんでしまうのです。
『日焼け』は肌が紫外線から守るためにメラノサイトが発動してしまって起こることですが、脇でも同じようなことが起こっているのです。
日焼けを防ぐ為に、色々なケアをしていますが、同じように脇にもケアは必要になってきます。

脱毛の自己処理

自分で脇毛を剃ったり抜いたりしていることも外部からの刺激になってしまいます。特に、毛抜きを使って脱毛していると、毛穴の中に汚れが溜まってしまいます。そして古い角質も溜まってしまい、黒ずみの原因になってしまいます。
毛抜きでの脱毛が一番黒ずみを発生しやすいですので、毛抜きは今後使わないようにして下さい!また、カミソリや電気シェーバーを使うのも、あまりおすすめしません。
エステでの脱毛が一番効果的です。エステでは、レーザーによって脱毛をしますが、脇の黒ずみ対策も一緒に行ってくれます。

優良脱毛エステのまとめ記事に脱毛エステに関するまとめ記事も書いています。

摩擦

脇は腕や服による摩擦がどうしても出てしまいます。それも外部からの刺激になりますので、メラニン色素が沈着してしまうのです。これを防ぐには、服のサイズを考えるなどの対策がありますが、とても難しいものです。

乾燥

洗顔したときには肌に化粧水や乳液などを勿論付けますよね?脇にも同様にケアをしていかないと、皮膚が乾燥してしまい、皮膚を厚く固くさせてしまいます。お風呂あがりには脇にもケアを十分にして下さいね。

脇に汗をかいてしまうと、そこに菌が繁殖してしまい、脇がとても汚れます。これも、脇が黒ずんでしまう原因になっています。脇汗を予防する為に制汗スプレーやあせワキパットをつけると思いますが、こちらも脇の黒ずみの原因となっています。
汗をかいたときは、タオルでこまめに拭いたり、あせワキパットを取り替えるなどして、脇汗の対策をしましょう。

妊娠

妊娠すると、体内のホルモンバランスが変化していきます。『エストロゲン』と『プロゲステロン』という女性ホルモンの分泌が多くなります。これらのホルモンはメラニン色素の分泌を活性化してしまうといったものがありますので、脇の黒ずみが出てしまいます。
しかし、出産をしてホルモンバランスが正常に保たれていけば、この原因による黒ずみは消えていきますので、安心して下さいね。

まとめ

いかがでしたか?脇の黒ずみは様々な原因が重なって起こるものです。脇の黒ずみをこれ以上酷くならないようにする為には、色々な対策があります。

自宅で簡単に出来る脇の黒ずみケア の記事も参考にして
自分なりの対策方法を見つけてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る