コンテンツ詳細

あれ、私なんだか汗臭い…?もしかしてワキガ?!
なんて思ったことありませんか?
夏になると汗をかきやすく、余計に気になる人も多いと思います。
人は自分の体臭には鈍感とも聞くし、大丈夫か不安…という人は注目!
脇汗の臭いの原因やセルフワキガチェックをご紹介します。
自分の脇汗が気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

脇にかく汗の秘密

汗で脇がぬるっとしたり、シャツにまでしみたり、黄ばみや臭いが気になる汗のお悩み部位トップクラスの脇。
そんな脇にかく汗には、いくつか知らない秘密があったのです!
まずは通常の汗と脇の汗の違いを知っておきましょう。

汗腺の違い

脇の汗の最も大きな特徴は汗腺にあります。
人のからだには2種類の汗腺があり、それぞれある部位や出る汗に違いがあります。
脇には両方の汗腺があるのですが、気難しいほうの汗腺が厄介なのです。

■エクリン線

からだのほとんどの部位にある汗腺。
その99%が水分で、サラッとした透明な汗を出すことがほとんど。
酸性に近く、残りの1%に塩分やカリウム・尿素などが含まれています。
汗を舐めた時にしょっぱく感じるのはこのためですね。
汗孔(かんこう)と呼ばれる穴から発汗され、とくに頭・顔・背中などに多くあります。

■アポクリン線

脇汗の悩みやワキガの原因ともなるのがこのアポクリン線です。
脇・耳の中・陰部などのごく限られた部位に集中しており、嫌な臭いや黄ばみの原因となる汗を排出します。
アルカリ性に近く、70~80%の水分と脂質・タンパク質・鉄分・アンモニウムなどが含まれています。
体毛に直結する形で汗腺があり、体毛の濃い部位にほど多く存在します。
生まれつき個人差のある汗腺で、ワキガの手術ではこのアポクリン線を除去するものが一般的です。

脇汗の5つの原因と対策

さて、汗腺の違いについては説明しましたが脇汗の原因はそれだけではありません。
汗の原因とその対策について紹介していきます。
これはエクリン線の汗にも通ずるものがあるので、汗そのものに悩む場合も参考にしてみてください。

精神的な要因

脇汗トラブルの実に3割はこの精神的な要因によるものです。
緊張やストレスで汗をかくことは一般的ですが、それだけではなくある種の脅迫観念や不安などによる発汗もあることが証明されています。

緊張やストレス

大事なプレゼンや大好きな彼との初デートなど、緊張やストレスにより発汗するケースがあります。
手汗や冷や汗といったものが挙げられますが、脇も緊張やストレスで発汗しやすい部位の上位です。
緊張が解かれれば落ち着くのですが、この場合は汗をかくこと自体がストレスになって更に悪循環する傾向にあるのも事実です。
【対策法】
・日ごろから気持ちを落ち着かせ、緊張したときの精神の安定のさせ方を知っておく
・適度な運動はストレスの発散にも。健康的な汗をかいてリフレッシュ
・事前に想定できる場合は、汗をかいてもOKな対策をして悪循環を予防

自臭症や多汗恐怖症

「自分が臭い気がする」と不安になり思い込んでしまう自臭症や、「汗をかいたら臭うかもしれない」という主に過去のトラウマによる多汗恐怖症などにより発汗するケースもあります。
いずれの場合も精神的な要因が大きく、汗をかく=悪いことだと思い込んでしまうことが原因です。
【対策法】
・とくに近しい人物に「大丈夫」といわれたら素直に信じること
・不安がどうしようもない場合は、専門家に相談すること
・汗は誰もがかくものであり、多少の臭いは当たり前だと自覚すること

生活習慣や食生活

慢性的な運動不足や、乱れた食生活など生活習慣や食生活により“不健康な汗”をかいてしまう場合がこれです。
肥満などもこれに当てはまりますが、バランスの良い食事と規則正しい生活で改善される場合がほとんです。
肥満がひどい場合はダイエットも並行して行うとより改善されやすくなります。
粘り気や黄ばみが強い汗をかく場合はより注意が必要です。
【対策法】
・脂っこいもの、辛味や酸味の刺激の強いものは控える
・タバコやアルコールなども適度な量を心掛ける
・入浴後の15分のストレッチなど、少しでも日常的に運動する習慣をつける
・就寝、起床、食事の時間はできるだけ規則的に

更年期など女性特有のトラブル

更年期や妊娠、生理前など女性特有のトラブルで発汗するケースも少なくありません。
暑くないのに無性に汗をかいたり、妊娠や生理などで基礎体温が上昇している場合にこういったケースが当てはまります。
女性ホルモンによるものが大きいので、仕方のないことだと諦めるかどうしてもであれば婦人科でピルの処方などをしてもらうことで改善されます。
とくに更年期の場合は「ホットフラッシュ」とよばれるほてりやのぼせるような症状に悩まされることもあるので注意が必要です。
【対策法】
・妊娠中や生理前などは一時的なものなので、脇や首などを集中的に冷やして体温調節をする
・ホルモンバランスに不安がある場合は、迷わず婦人科へ
・基礎体温を日ごろから管理することで、ホルモンバランスの乱れや高温期を把握しておく

脱毛やマッサージなど外部刺激によるもの

脱毛後やマッサージ後に発汗が増えるケースもあります。
脱毛では毛穴が、マッサージではリンパが刺激されることで発汗が促進される現象です。
とくに脱毛の場合は体毛がなくなり肌同士が密着することや、意識が集中することで1種の緊張状態になるといわれています。
外部刺激を受けた場合は、それに応じて冷やす・ケア方法を変えるなどの気にしすぎない対策が必要です。
【対策法】
・ひとしきり汗をかいたら、シャワーなどを浴びてスッキリする
・気にしすぎず、自然体でいることが大切
・あまりに発汗がひどい場合は、施術を受ける前に相談もしくは施術を控える

最大の臭いの原因は雑菌!

いくつかの原因と対策法について紹介しましたが、臭いの最大の原因はこの雑菌かワキガの2択といっても過言ではありません。
周囲に影響するような臭いを発生させるには、それなりの理由があります。
脇汗の臭いの元、雑菌臭についてお話します。

Tシャツの柄?服にしみる汗

服に脇シミを作ってしまうレベルで汗をかく場合、脇そのものではなく衣服で雑菌が繁殖している場合があります。
洗剤と相性が悪かったり、洗い残しがある場合はよりひどくこの雑菌臭を発します。
Tシャツの柄かと思うくらい脇に汗をかく場合は、汗パットやインナー・こまめに拭くなどの対策が必要でしょう。
イヤな臭いはほぼこの雑菌臭が原因なので、抗菌・消臭作用のある洗剤や柔軟剤を積極的に使うのも良いですね。

脇は汗をかきやすい部位NO.1!

脇はからだの中で最も汗をかきやすい部位です。
蒸れやすく肌と肌の密着度が高いことや、毛細血管やアポクリン線が多いことから発汗や臭いのしやすい部位であることは間違いありません。
局部的に冷やすことで体温全体を下げられるほどなので、通気性をよくしたり局部的に冷やしたりと脇そのものにアプローチすることで汗を抑制することができます。
汗の量が増えればその分雑菌も増えやすくなるので、清潔に保つことが大切です。

放置はNG!こまめに拭いて雑菌予防

雑菌臭で最もNGなのが長時間放置することです。
こまめに拭いたり、汗をかいたら着替えたり、制汗剤を適度に使用することで雑菌を予防しなければなりません。
放置すればするほど雑菌は繁殖し、強い臭いの原因になります。
気にしすぎる必要はないですが、たくさん汗をかいたり自分が不快になるような発汗があった場合は意識してみてください。

ワキガチェックと対策

ここまでどれにも当てはまらなくて「やっぱり私はワキガなんじゃ…?」と不安になっているアナタに朗報です!
脇が臭いこととワキガは、必ずしも直結するわけではありません。
実際にワキガかどうかは専門家の診断が必要なのですが、今回は自分でできるワキガチェック方法とワキガだった場合の対策について簡単に説明していきます。
セルフチェックで当てはまってもまだ確定ではないので、いちど専門家に相談してみてくださいね。

ワキガセルフチェック

まずはワキガの可能性をチェックしていきましょう。
この中で4つ以上当てはまったら疑いアリなので、早めに専門家に相談してくださいね。
*耳垢が湿っている
ワキガの原因であるアポクリン線は耳の中にもあります。
アポクリン線は生まれつきのものなので、そのはたらきが耳垢の湿り具合で判断できます。
湿っている程度ならまだそこまで重症ではないですが、粘り気があったりする場合は要注意です。
*両親・兄弟姉妹がワキガ
ワキガは遺伝性が高いといわれているので、両親や兄弟姉妹など近しい遺伝子をもつ人物がワキガの場合は可能性が高いです。
祖父母やイトコまで行くと可能性が高いとはいえなくなるので、とくに両親や兄弟姉妹にワキガがいる場合は要チェックです。
*洗っても体臭が残る
入浴後でも臭いがしたり、洗濯した衣類が臭う場合もワキガの疑いがあります。
通常の石鹸では落ちない性質=アポクリン線の汗という判断なので、必ずではないですが洗っても臭いが残るようであれば疑ったほうが良いです。
黄ばみはワキガでなくても起こりうるので、あくまで臭いで判断してみてくださいね。
*脇の皮膚がボコボコしている
汗腺が目に見えてしまっているのがこの状態です。
発達したアポクリン線の証拠で、ワキガの可能性が非常に高くなります。
触ってボコボコしている場合も注意が必要ですが、剃刀負けやニキビ跡などに限っては違うのであくまで自己判断の基準にしてくださいね。
*脂っぽい・毛深い
脂っぽい汗をかく人や毛深い人はワキガになる可能性があります。
アポクリン線から出る汗は脂質を含んでいるので、多ければ脂っぽい印象を受けがち。
また体毛と繋がっているため、毛が多く太い=アポクリン線が発達しやすいことから先天的な可能性があるという判断です。
毛深くてもサラサラ汗だったり、脂っぽくても臭い残りがない場合などはその限りではありません。

ワキガだったらどうしたらいいの?

セルフチェックで「やっぱりそうかもしれない…」と思ったけど、いきなり専門家のところに行くのは不安な場合は実際の治療法を知っておいて下さい。
どんなことをするのか、どんな方法があるのか知っておけば気持ちが楽になります。
重症度別にワキガの治療・対策法について説明します。

軽度:セルフケア

食生活や生活習慣の改善、市販のクリームなどによる対策法です。
専門家による処方によりクリームや内服薬が出される場合もあります。
軽度の場合はあくまで体臭=フェロモンであり、周囲からも煙たがられるほどの臭いではないので気にしすぎる必要はありません。
とくに汗をかく場面でのみそういったクリームなどを使用し、普段から生活面で気をつけていれば改善される場合がほとんどです。

中度:ボトックスとレーザー治療

軽度のケアでは不十分な場合は専門家による施術のうち軽度なものを使用します。
その代表がボトックスで、注射などで注入する場合がほとんどです。
汗腺の機能を一時的に停止させる治療で、手軽に受けられるかわりに効果続く期間は個人差もありますが約半年ほどです。
発汗自体をおさえる作用があるので、多汗症などにも有効です。
費用は5~10万円ほどで、施術時間は10~15分程度とちょっとした時間に行くことができます。
傷跡や抜糸などの通院は必要ありませんが、継続したいのであれば半年に1回程度受ける必要があります。
もうひとつはレーザー治療で、汗腺をレーザーで焼く方法です。
費用は10~15万円ほどで、5分程度の照射で終わります。
傷跡もなく効果も永続的ですがワキガの度合いによっては再発することもあるので注意が必要です。

重度:アポクリン線手術

重度になってしまった場合は手術が必要な場合もあります。
もちろん手術以外の方法で治療することも可能ですが、即効性と継続の面では手術が最も友好的です。
最も一般的なのは剪除法(せんじょほう)と呼ばれる切開してアポクリン線を潰す手術で、費用は約30~50万円、術後の抜糸が必要になるのと傷跡が比較的大きい手術になります。
そのほかにもこんな手術があります。
■マイクロリムーブ法
小さな穴をあけ、そこから管を通してアポクリン線を除去します。
費用は30万円ほどで、施術時間は1時間程度ですが痛みや傷跡はほぼありません。
半永続的な効果なので、場合によっては通院や再施術が必要になることもあります。
■皮下組織削除法
皮下組織ごと汗腺を除去する手術です。
費用は20~40万ほどで、施術時間は30分~1時間程度で傷跡が小さいことや均一に汗腺を除去することができます。
回復までに時間がかかることや、皮膚トラブルを併発する可能性がありますが効果は永続的です。

汗は内側からもケアできる

さいごに紹介しておきたいのが、汗は外側からだけではなく内側からケアすることも大切fだということです。
どんな治療や対策をしても、根本的に汗の質が改善されていなくては意味がありません。
再発リスクを減らしたり、大掛かりな治療をせず済むように内側からのケアも意識しておきましょう。
生活習慣や食生活などで改善することもできますが、もっと簡単にケアする方法があります。
それがこちらの汗ケアサプリメントです。

■汗ケアサプリ「アセッパー」

アセッパー商品

1日3粒飲むだけで、気になる汗のべたつき・臭い・量を内側からケアしてくれるサプリメントです。
女性汗ケア部門で5冠を獲得し、満足度は驚異の90%をこえています。
脇だけでなく汗全般に効果があり、“健康な汗”にするサポートや発汗を抑制する効果などがあります。
1日中サラサラを目指し、臭い成分にもしっかり作用してくれるの安心です。


試した結果効果を実感する場合が多く、リピート率も90%をこえることからその効果が伺えますね。
美容成分も配合されているので、女性には嬉しいことばかりです♪
今なら初回20%OFFに加え180日間の返金保証もあるので、試してみて損はないですよ!
継続購入で最大25%OFFにもなるので、続けたい場合にも心配いりません。
気になる方はアセッパー公式ページをごらんください。

アセッパー 公式

まとめ

いかがでしたか?
脇の汗は女性の夏のお悩み上位に入るほど共通の悩みですよね。
ワキガかと思うと気が気ではないのも事実です。
・臭い汗の原因はアポクリン線からの発汗
・5つの原因と対策で汗ケア
・嫌な臭いの最大の原因は雑菌臭
・ワキガセルフチェックで不安を解消
・専門家に相談する前に治療法を把握
・汗の悩みに共通する内側ケアなら「アセッパー」
以上の6点についてご紹介してみました。
ひとえに脇の汗といってもさまざまな原因や対策法があるので、自分に合った方法を見つけるのが第1歩です。
脇汗が気になったら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る