コンテンツ詳細

脇にできたぶつぶつ…こんなんじゃ薄着になれないし恥ずかしい!と嘆く女性たちの声が聞こえてきます。
自己処理で負担がかかる部位NO.1の脇ですが、ぶつぶつだけではなく黒ずみや臭い・かゆみ・ムダ毛など気になることが多いですよね。
どうすれば治るのか?これからできないようにはどうしたら良いのか?など、脇のぶつぶつに対する疑問を解決していきます!

脇のぶつぶつの原因ってなに?

なんで?

まずはその脇のぶつぶつが出来た原因を探っていきましょう。
原因を知ることは、悪化や予防にも役立つ大切な第1歩です。

脇のぶつぶつの原因は「自己処理」

脇のぶつぶつができる根本の原因は、自己処理によるダメージです。
毛抜きやピンセットを使って抜く場合にとくに多く、もちろんカミソリでの処理でもぶつぶつができることがあります。
また毛穴に雑菌が入り込んだり、締まった毛穴が引っ張られて断裂したりすることでも起こります。
しかしながら冬場はともかく夏場にムダ毛を放っておくこともできないでしょう。
そんな場合にはエステや皮膚科での脱毛や、自宅用の脱毛器、除毛クリームなどを視野に入れて考えてみてくださいね。

ぶつぶつ以外の気になる症状

単にぶつぶつができるだけではなく、かゆみや痛み・臭いなどを伴う場合があります。
それぞれ原因と対処法を簡単に説明しておくので、参考にしてみてください。

■かゆみがある

脇にかゆみがある場合のほとんどが、乾燥によるものです。
まれに炎症を起こしてかゆい場合がありますが、どちらの場合も過度に触るのはNGですよ。
乾燥の場合は保湿を、炎症の場合は抗炎症作用のある薬を塗ったりしておきましょう。

■痛みがある

脇は皮膚に対して比較的毛が濃い、割と敏感な部位です。
もし赤く腫れたり痛みがある場合には、皮膚科などで診てもらう方が良いでしょう。
赤みがでたり熱を持っているようでしたらまず冷やしておき、痛みがある場合にはできるだけ触らないようにして医師の診察を受けてください。

■臭いが気になる

脇の臭いが気になる方も多いのではないでしょうか。
汗をかいたときは特に気になりますよね。
脇のぶつぶつを隠そうとファンデーションを塗ったりして、臭いが出るというケースもあるので注意してください。
制汗スプレーを適度に使ったり、こまめに拭くことなどで対策できますよ。

■脇が黒い

ぶつぶつと並んで悩む人が多いのが脇の黒ずみです。
拭いてなくなるなら良いですが、黒ずみというのは皮膚に色素沈着が起きている状態なので、そうそう簡単には取れません。
ぶつぶつと同じで自己処理でも黒ずみはできやすいので、まずはそこからはじめてみましょう。
ちなみに市販の黒ずみクリームよりは、専門のものの方がおすすめです。

ぶつぶつを治すにはどうしたらいいの?

エステの画像

それでは本題です、ぶつぶつを治す方法を紹介していきますね。
今回は大きく分けて3つの方法をご紹介しますね。

その① 薬で治す

薬局などで売っている市販薬を使って治す方法です。
軽度であれば効果がありますが、やはり専門のものよりは劣る印象がありますね。
しかし低価格であり手軽に買えること、知名度が高いことなどから安心するという人もいるようです。
いくつか代表的なものを紹介しておきますね。

オロナインH軟膏

オロナイン

ご家庭に常備されていることも多いオロナインH軟膏です。
オロナインには抗菌・抗炎症作用や軽い保湿作用もあるので、原因が定まらない場合にとりあえずで使うにはおすすめですよ。
参考価格:30g 321円

ケアレケア

ケアレケア

ムダ毛処理後の赤み・ぶつぶつ・かゆみなどに効果があります。
皮膚炎やしっしん・虫刺されなどにも効果があるので、ぶつぶつに効かなくても使えそうですね。

【参考価格:25g 918円】

アットノン

アットノン

数年たっていても治りかけではない傷跡になら効果を発揮するというアットノンは、皮膚の代謝を良くする薬です。
脇のぶつぶつに対しても効果がある場合もあるようですが、その万能度は高いとはいえなさそうです。
もし家にあったり、別件で購入する機会があるようなら、試してみても良いでしょう。

【参考価格:15g 945円】

その② エステで治す

「美しく」治していきたいのならエステがおすすめです。
できれば脱毛と同時に進められるところが良いですね。
脇だけであれば脱毛も今はワンコインくらいでできるようになってきていますし、脱毛前後のケアも万全なのでおまかせ状態でケアができちゃいます。
とくに肌トラブルがなければ、エステで綺麗に治してしまうのもアリですよ!
黒ずんだりしていない軽度のぶつぶつであれば、脱毛をしながら自己処理を控えるうちに綺麗になることがほとんどのようです。

その③ 皮膚科で治す

エステと皮膚科の違いは、「医療従事者かどうか」です。
つまり皮膚科のほうがより強い薬や器具を扱えるということですね。
その分美しくケアしていくという面では、自分で補わなければならないケースも多いです。
皮膚科には「一般皮膚科」と「美容皮膚科」の2種類があり、後者の場合はエステに近いですね。
赤みや痛み・かゆみが出ている場合には一般皮膚科の受診をおすすめします。
症状が出ていれば保険が適応されますが、ぶつぶつだけで行くと保険適応外になることも多いので注意が必要です。
ただし皮膚科でも脱毛を行っているケースもあるため、もしぶつぶつ以外の治療を行うことがあればついでに皮膚科でぶつぶつも診てもらうとお得ですね。

ぶつぶつを予防するには?

カミソリ

治す過程で脱毛もできて、自己処理が必要ない場合にはとくに心配することもありませんが、そうでない場合には自己処理を再開すると再発する可能性があります。
今まで通りの処理をしてしまうと、ほぼ間違いなくまた悩まされる日々が来ますよね。
それを避けるためにも、自己処理をしなければならない場合の注意点をいくつか紹介しておきます。
脱毛をするにも自己処理が必要なこともあるので、参考にしてみてくださいね。

自己処理はできるだけ低刺激に

毛抜きよりもカミソリ、カミソリよりも電気シェーバーといった具合に、できるだけ低刺激での処理を心掛けてください。
本当は回数を減らすことも大事なのですが、どうしても毛というものは生えてきてしまいます。
ムダ毛だらけの脇を放っておくわけにもいかないでしょうから、できるだけ低刺激に処理する方法を考えていきましょう。

自己処理前の肌チェック

自己処理をする前に、お肌の具合をチェックしておきましょう。
ニキビ・赤みなどはないか、乾燥していないか、ぶつぶつがうっすら出来ていないかなど、自分の脇の状態に合わせてその日の処理を調節することが大切です。
たとえばニキビなどがあるのであれば、まず治すことが先決です。
乾燥していれば、お手入れ後はしっかりと保湿するようにしたいですね。

自己処理後のケアは十分に

乾燥だけではなく、お肌へのダメージも考慮してあげてくださいね。
たとえ電気シェーバーを使ったとしても、刺激は0ではありません。
赤みや熱があればしっかりと冷やし、自己処理後は保湿をこれでもか!というくらいしてあげましょう。
場合によっては収れん化粧水などで引き締めてあげるのも良いですね。

治す&予防を同時に!おすすめクリーム3選

治すのと予防を別にするのは面倒だったり、誰かに見せるのがイヤだ、通ったりするのは恥ずかしい…というアナタには、通販で買える専門のクリームをおすすめします。
たくさんの種類がある中から、とくに人気のものを3つ厳選して紹介しますので、この中で気になるものがあればぜひ使ってみてくださいね。

アットベリー

脇の黒ずみならアットベリーがおすすめ

まずひとつめは薬用アットベリーです。
脇や二の腕の黒ずみ・ぶつぶつに対して開発された、まさに今回のお悩みにピッタリのクリームですね!

かわいい見た目なのにオールインワンジェルで
しみ、ぞばかすを防いでくれたり
しもやけ、ひび、あかぎれにも良いみたいです♪
とっても良い効果があってしかもかわいい♪
引用 :http://www.cosme.net/product/product_id/10048056/top

美容成分を97.8%配合で黒ずみやぶつぶつ、
乾燥対策までしてくれる優れものですが
すぐ効果を実感したのは乾燥対策でした。
引用 :http://www.cosme.net/product/product_id/10048056/top

黒ずんでいる所と、二の腕のブツブツに使用しています。
そういう場所って、角質が厚くなっているから、浸透しにくいですが、コレは、美容成分がナノ化されているので、ちゃんと浸透してくれます。

肌が、ふっくらと柔らかくなってきたし、良い兆しが表れてきているので、このまま使い続けてみようと思います!
引用 :http://www.cosme.net/product/product_id/10048056/top

このアットベリーは、気になる箇所には2度塗りを推奨するだけあって、べたつかずすぐにサラサラになるのが特徴です。
口コミでも9割以上が満足と答えており、その効果がしっかりと伺えますね。
黒ずみ・臭い・ニキビ・脱毛後のお手入れ・保湿などさまざまな効果があり、脇だけではなくボディ全般に使えるオールインワンジェルとして人気です。

【参考価格:通常6,800円 返金保証:180日間】

関連記事 : リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」

クレアフォート

cleafort
打って変わってスタイリッシュなパッケージのクレアフォートは、脇やビキニラインの黒ずみに対して開発されました。
1番こだわっているのは黒ずみに対する美白成分で、その濃度は郡を抜いて高いです。
しかしながら美白だけではなく毛穴やお肌のケア・保湿・ハリや透明感の維持にも有効なので、美しくケアするのに最適なクリームといえます。

クレアフォートは脇の黒ずみだけではなく、使いやすさにも惹かれて購入しました。小さい容器なので付け忘れた時は会社の更衣室やトイレで使ってます。一ヶ月使ってみて皮膚が柔らかくなって代謝が良くなったように感じます。皮膚の再生が早まり色素が薄くなってきました。私にとってはしっとりしているのにサラサラな感触が一番気に入っているところです。
引用 :http://www.modernbeauty.jp/cleafort/003/index.html

3ヶ月使用しています。最初はあまり期待しないで使っていましたが、かさつきがなくなり埋もれ毛が少なくなったので結局3本購入しています。黒ずみのほうは若干薄くなりました。あまり焦って効果を期待しないで継続的に使うことで肌が綺麗になる商品だと思いました。
引用 :http://www.modernbeauty.jp/cleafort/003/index.html

クレアフォートにとても満足しています。脇の下の黒ずみが消えていって、すべすべとしたお肌になりました。使い始めはなかなか効果が感じられずに、どうしようと思っていましたが、あきらめずに使い続けて良かったです。ひとそれぞれに効果のでかたは違うと思いますが、わたしの場合はクレアフォートを継続して使うことでした。
引用 :http://www.modernbeauty.jp/cleafort/003/index.html

即効性は低いようですが、ハリやくすみも解消されることから満足度は高いです。
こういったクリームの中ではまだ認知度が低いですが、口コミを見る限りではこれから人気が上がっていく印象を受けました。

【参考価格:通常8,600円 返金保証:最大120日間】

関連記事 : クレアフォート イノセントホワイトは黒ずみに効く?口コミ・効果を徹底調査!

ピューレパール

pulepearl

最後にご紹介するのがこのとってもシンプルなクリーム、ピューレパールです。
「美しいワキにするためのエステ級ジェル」とうたわれるこのクリームは、メインが黒ずみながら脇のぶつぶつにもしっかり効果があります。

まだ使い始めて、1週間ほどですが、ブツブツも気にならなくなってきて、
ひざやひじにもうるおいが与えられるので結構お気に入りなものです。
引用 :http://www.cosme.net/product/product_id/10062051/top

長年の悩みだった脇の黒ずみを解消したくて、思い切ってこれを定期購入しました!
まだ使い始めて2日ですが、ワキのにおいも減少して肌もしっとりしてきました!!!
注文の時の電話対応もかなり良くて、色々と細かい説明や丁寧な対応で不安も解消されたので良かったです。
とりあえず3ヶ月は使い続けたいです!
引用 :http://www.cosme.net/product/product_id/10062051/top

重度のアトピーの為、病院でも治療が難しいとお手上げ状態でした。一か月前、ダメもと半信半疑でピューレパールを注文して毎日使っています。1ヵ月程度の使用ではあまり効果を感じない方が多いようですが、私の場合は3週間ぐらいで見た目が変化し始めました。
引用 :http://www.cosme.net/product/product_id/10062051/top

今回紹介したもののなかで、即効性の口コミが目立った印象でした。
保湿・美白・低刺激はもちろんのこと、お肌そのものを強くする効果もあるそうです。
アトピーや敏感肌の方でも使えたという喜びの口コミも多かったですね。

【参考価格:通常7,600円 返金保証:25日間】

関連記事 : ピューレパールは脇の黒ずみに効果あり!正しい使い方もご紹介します♪

まとめ

脇のぶつぶつは自己処理によるものが8割以上であることから、美しくありたいと思う人ほど悩まされるというなんとも矛盾したトラブルですよね。

  • 脇にぶつぶつができる原因と症状別の対処法
  • 脇のぶつぶつを治す方法
  • 脇のぶつぶつの悪化、再発を防ぐ方法
  • 脇のぶつぶつを治す&予防できるクリーム3選

以上の4つについてご紹介してきました。
やはりおすすめなのは一石二鳥なクリームですが、自分に合ったものを選ぶのが1番ですよ。

それでもどれを選んだら良いか迷う方は。。。

私はアットベリーをおすすめします♪
即効性、効果、口コミすべてにおいて良いし、実際に私も使ったのでおすすめです。

パッケージも可愛いですし、とりあえず試してみたい方はアットベリーを使ってみて下さい♪

アットベリー公式サイト

関連記事

ページ上部へ戻る