コンテンツ詳細

メイクは完璧!でも、脇が黒ずんでいるって方は今までも色々な対策をしてきたことと思います。
特に春から夏にかけては薄着の季節になりますので、他人には脇を見せたくはありませんよね。
そんな中、最近では格安で脇の黒ずみを抑えてくれるものがあるのです。それは『豆乳ローション』。

実は、これ手作り出来ちゃうんです!どの様にして作るのか、どの様にしてお手入れしていくのか、効果が出てくるまでの期間はどの位なのかをお教えしていきますので、実行してみて下さいね。

豆乳ローションの効果

豆乳って、大豆製品ですよね。大豆製品には『大豆イソフラボン』という成分が入っています。実はこの大豆イソフラボンには、女性ホルモンの中にある『エストロゲン』という成分に似ているのです。女性ホルモンは『ムダ毛の成長を和らげる、ムダ毛を抑える』効果があります。ですので、ムダ毛が気になる女性にとっては、とても嬉しいものになります。

他にも大豆イソフラボンは美肌効果、バストアップに繋がります。
また、豆乳ローションは脇の黒ずみを抑えてくれる効果もあるのです。そうなると、女性にとっての必須アイテムになりますね。
これは簡単に作れますので、作り方をご紹介しますね。

豆乳ローションの作り方

豆乳ローションを作る際に必要な物は『無調整豆乳・レモン汁(市販のレモン汁は不可。レモンを絞ったもの!)・消毒用エタノール』。この3つです。これら全て合わせても1000円前後で購入出来るでしょう。作り方は、とても簡単!

      ①:無調整豆乳500mlを湯葉が出来ないように弱火で温めます。
      ②:豆乳が65度から70度になった位になったらレモン果汁を入れます。(レモン2個分が目安)
      ※この時、皮が入らないようにすること!皮にはシミの原因となる成分が含まれています。
      ③:トロトロしてきたら、火から下ろして消毒用エタノール60mlを混ぜて下さい。
      ④:③をキッチンベーパーやフキンを使って、こして下さい。
      ⑤:こして出来たものは清潔な容器に入れて、粗熱がなくなってから冷蔵庫に入れて下さい。

以上で出来上がりです。とても簡単ですよね。冷蔵庫に入れて保管しますが、1~2ヶ月の間に使い切って下さいね。
ちなみに、こした時に残ったものはゴミとして捨てないようにしましょう。豆乳パックや色々なものに使えます。

お手入れ方法

豆乳ローションを作ったら、お手入れの方法ですが、毎日朝と晩の2回は必ず塗りましょう。特に、お風呂上がりは最適です。豆乳ローションをコットンなどに付けて、肌に化粧水をつける感じで塗っていきます。その時に、無理にこすらないようにしましょう。脇というのはとてもデリケートな部分です。知らず知らずのうちに傷つけてしまうと、黒ずみが酷くなってしまいます。また、スプレータイプの容器を使ってシュッシュとしてもOKです。
そして、他の部分にもローションとして使えますので、とても万能なものになります。

どの位続ければ効果が出てくるの?

豆乳ローションは毎日2回は必ず塗って下さい。しばらくすると効果が出てきます。しかし、効果が出てくる期間というのは人それぞれです。2週間で効果が出てくる方もいらっしゃれば、1ヶ月かかってしまったという方もいます。しかし、効果が出たからといって使用を止めるのはやめて下さいね。脇はとてもデリケートな部分ですが、色素沈着を起こしやすいです。継続して付けていって下さいね。

まとめ

豆乳ローションの威力が分かったのではないでしょうか?豆乳ローションは敏感肌や肌が弱い方でも使えますので、皆さんにおすすめです。毛穴の汚れを綺麗に落としてからでないと効果は得られませんので、毛穴の黒ずみに強いソープも合わせて使用した方が良いでしょう。
女性らしくいるためにも、豆乳ローションを手作りして、使ってみて下さいね。

関連記事

ページ上部へ戻る