コンテンツ詳細

夏場が近づいてくると、どうしても気になるのが脇汗ですよね。
拭きにくいうえに、染みやすくてニオイや肌トラブルも気になります。
出た汗をどうこうする商品はたくさんあるけど、そもそも汗を抑えることって出来ないの?!と悩む女性も多いと思います。
脇汗で恥ずかしい思いをする前に、脇汗の抑え方をチェックしてみてください。
これからの季節はとくに注意なので、事前にしっかり対策しちゃいましょう!

そもそもなぜ?汗をかく7つの原因

脇汗 抑える

とりあえず脇汗を抑える前に、なぜ脇汗が出るのか・自分の脇汗はどういうタイプなのかを知ることで原因から脇汗をおさえることができます。
思い当たる原因があった場合は、心にとめておいてください。

その①:体温の上昇

単純に体温を下げようとして汗をかく場合がこれです。
全身から汗が出ますが、脇には特殊な場所にしかない汗腺があるのでより汗をかきやすくなります。
新陳代謝が良い証なので体質改善などは必要ありませんが、水分補給などをしっかりして熱中症などの予防につとめてください。
塩分も必要なのでスポーツ飲料などを1日500mlを目安に飲むことで、ほかが水やお茶でも熱中症や脱水症状になりにくくなりますよ。

その②:緊張やストレスなど自律神経の影響

極度の緊張やストレスにより、自律神経が乱れて発汗するのがこのタイプです。
異常なほど一気に汗が出たり、そんなに暑くないのに脇が汗でビショビショになる場合は注意が必要です。
緊張すると手汗をかきやすい人や、短時間で流れるように汗が出る人は多汗症の可能性があるのであまりに気になる場合は医師に相談してみてください。
生活習慣やストレス発散で改善されることが多いので、発汗をおさえるよりも自律神経を落ち着かせることからはじめなければなりません。

その③:食生活や運動不足など不健康

偏った食生活や運動不足、寝不足などの生活習慣からカラダが悲鳴をあげて汗をかくのがこのタイプです。
お酒やタバコ、辛いものなど刺激物を取り入れたときに出る汗も関係します。
病気の原因になったり、体臭や黄ばみをより強くしてしまう場合があるので早めの改善が必要です。
汗をかくのは“健康な汗”でなければ意味がないので、“不健康な汗”が出る場合は生活習慣を見直す必要がありそうです。

その④:蒸れによる汗腺の刺激

脇にだけ集中的に汗をかきやすい人は、もしかしたら蒸れかもしれません。
腋毛のお手入れをしたり、通気性の良い服を着ることで緩和されるかもしれませんよ。
陰毛などにもいえることですが、伸びっぱなしの毛は熱をこもらせるのでカットするなり剃るなりしてできるだけ通気性をよくすると汗をかきにくくなるかもしれませんね。
ただしノースリーブや常にツルツルになっていることで吸水性がなくなり、余計に汗をかきやすくなる場合もあるので要注意です。
また腋毛の剃りすぎは黒ずみや肌荒れの原因にもなるので、必要最低限にとどめておくことも大切ですよ。

その⑤:冷え性や肥満体型などの体質・体型の問題

女性に多い冷え性や肥満など、体質や体型により発汗しやすくなっている可能性があります。
血流の低下により不純物の排泄がうまく機能しないため汗が出たり、肥満体型のため内側にこもった熱を外に出そうと必至に発汗することで脇だけではないですが発汗が活発になります。
冷え性はマッサージや食生活などで改善されますが、肥満は度が過ぎてしまうと大きな病気にかかることもあるので注意が必要です。
発汗をおさえることは逆効果なので、“健康な汗”が出るように体質改善からはじめていきましょう。

その⑥:ホルモンバランスの変化

女性特有なのが、加齢やストレスなどによるホルモンバランスの変化によるものです。
妊娠や生理などのホルモンバランスが乱れやすい時期に汗をかきやすかったり、加齢やストレスで更年期状態になることで汗をかきやすくなります。
暑くないのに汗が出てきたり、高温期にだけ汗をかきやすくなる場合はこれに該当します。
とくに更年期の女性は「ホットフラッシュ」と呼ばれる暑くないのに汗をかく症状があらわれる場合もあるので、妊娠など一時的なものでない場合は婦人科で相談してみることをおすすめします。

その⑦:ワキガ

脇汗の悩みで不安になるのが「もしかしてワキガ…?」と思うことですよね。
ワキガは生まれつきの体質であることがほとんどで、脇汗のケアグッズや生活習慣などを改善しても治すことは難しいです。
手っ取り早いのは手術してしまうことなのですが、軽度であればあとで紹介する自宅ケアでカバーすることも出来るので参考にしてみてください。
自分がワキガかどうかは、耳垢が判断基準になりやすいといわれています。
湿り気が多かったり粘つきが強いほど重度の症状であるので、綿棒が湿る人は洗濯後の衣服の色やニオイ残りをチェックしたり、家族や知人に勇気を出して聞いてみましょう。
場合によっては医療機関の受診をおすすめします。

これで完璧!脇汗を抑える方法6選

脇汗を抑える方法

原因が分かったところで、しっかりと対策していきましょう。
出た脇汗を誤魔化したり、出ても安心な対策はたくさんありますが、汗を抑える対策にはどんなものがあるのでしょうか?

対策①:冷やす

暑くて出る汗なら、体温を冷やすことで止まります。
全身を冷やすのが難しいなら、脇に冷たいものをあてるなどの局所的な措置でも体温を下げることができますよ。
とくにリンパの通っている脇・首・股関節を冷やすことで効率よく冷却することができます。
クーラーにずっと当たっていたりすると、発汗機能が低下してニオイが強い汗や黄色い“不健康な汗”をかきやすくなるので長時間のクーラー使用はせず発汗をおさえたいときに冷やすほうがよさそうです。

対策②:ツボや圧迫

汗に対するツボ押しや、汗をかきにくくする部位を圧迫することで発汗を抑えることが出来ます。

  • 手を軽く握ったときに小指の付け根あたりの飛び出る部分「後谿 こけい」
  • 手首内側の小指側、ひじの方向に1.5㎝ほどの「陰げき」
  • 乳首の上、指2~3本分のところにある「屋翳 おくえい」
  • 脇の下、乳首と同じラインの「大包 だいほう」

これらの部位を刺激・圧迫することで一時的に汗をかきにくくすることができます。
また上半身全体の発汗に有効な「半側発汗(はんそくはっかん)」と呼ばれる脇より下の上半身を圧迫することで発汗をおさえる方法もあります。
舞妓さんなどが使用しており、夏でも綺麗な白粉が崩れないのはそのためですね。

対策③:ミョウバン

汗を抑える対策で代表的なのがミョウバンです。
ミョウバンに含まれる殺菌効果と収れん効果(お肌を引き締める効果)により、汗やニオイに対して有効です。
食品添加物なので、人体への影響も少なく安全性が高いです。
焼きミョウバン(乾燥しているもの)と生ミョウバン(生に近いもの)があり、価格は100gで250円前後ということでお手軽なのも良いですね。
固形のミョウバンを濡らして肌に塗布する方法と、水に溶かしてスプレーとして使う方法、粉末状のミョウバンをそのまま塗布する方法があります。
水150mlに対してミョウバン10gを溶かしたものが原液となり、使用時はこれをさらに10~50倍に薄めて100均などのスプレーボトルに入れて使用します。
作ったミョウバン水は冷蔵保存で約3年もつと言われていますが、少量ずつ作り1週間~10日で使い切る量をこまめに作ったほうがより効果が高いです。
またはじめて使う場合や肌の弱い人の場合は、かぶれや炎症がでる場合もあるので目立たない場所に使用し様子を見てから常用するようにしてください。
ミョウバンは酸性なので、万が一違和感を感じたら真水で洗い流して皮膚科を受診してください。

対策④:ハッカ油

ミョウバンと並んで汗対策として有名なのがハッカです。
ハッカといえば飴などのスーッとする印象が強いと思いますが、要は汗にも同じような効果があります。
カラダに対して「暑くない」と思わせることで、発汗しようとするのを抑制するはたらきがあります。もちろん殺菌・消臭作用もミョウバン同様にありますよ!
こちらの場合はある程度薄めておかないと、ハッカのスーッとする感じが痛いほどに強くなってしまう場合があります。
個人的に足していく分には自己責任で構いませんが、まずは分量以下のものを使うようにしてください。
水100mlに対して、ハッカ油を2~3滴入れて混ぜればOKです。
ハッカ水に浸したタオルでカラダを拭いたり、お風呂に数滴入れたりしてもOKですがいずれも様子見してくださいね。
またハッカはポリスチレンを溶かしてしまう性質があるみたいなので、ガラス製などのスプレーボトルを使用するようにしてください。
価格は薬局などで500~1000円前後で、原液タイプとスプレータイプが売っています。
コスパが良いのは原液ですが、作るのが面倒だったり精製水を使用したい場合はスプレータイプにしておくと楽ですね。
こちらも水道水・精製水どちらの場合も1週間~10日を目安に使い切るようにしてください。
精製水で作る場合は消毒用のエタノールを少量混ぜておくと、雑菌が繁殖しにくくなりますよ。

対策⑤:塩化アルミニウム

市販の制汗剤にもおおく使用される塩化アルミニウムも、汗を出にくくする作用があります。
ただし汗腺を炎症させて閉塞させることで発汗をおさえているので、ひどく汗が出る場合のみ使用することをおすすめします。
皮膚科で処方してもらうか、大きい薬局などで水溶液を購入することができます。
通販で500g2000円前後で販売していますが、安全性を考慮するとはじめは薬局か皮膚科で入手することをおすすめします。
塩化アルミニウム水溶液を精製水で20倍に薄め、脇に塗布したあとラップなどで密閉して3時間ていど置き、石鹸などで綺麗に流すことでその効果を実感しやすくなります。
脇など皮膚の弱い部位だと炎症やかゆみなどトラブルになりやすいので、まずは手や足など皮膚が厚くて目立ちにくい場所でパッチテストしてください。
効果が出たら使用をやめ、8時間以上塗布し続けないようにしてください。
また冷暗冷所で保管し、とくに日光は効果を著しく下げるので遮光には十分気をつけるようにしてください。
肌に以上がでた場合はすぐに洗い流して、必ず皮膚科を受診するようにしてください。

対策⑥:生活習慣の改善

自律神経の乱れや、冷え性・肥満などの体質改善にも、発汗を抑えるのにも効果が期待されるのが“内側から作用する”ことです。
まずは食生活や運動・睡眠不足を解消しましょう。

  • 脂っこいものやお肉ばかりを食べている
  • ファーストフードやコンビニなど添加物まみれの食事ばかりだ
  • お酒やタバコ、辛いものなど刺激物を好んで摂取する
  • コーヒーや冷たいものなど、体がびっくりする飲み物を好む
  • デスクワークなどで日常的に軽い運動もしないことが多い
  • 生活リズムがバラバラで、食事や睡眠がおざなりになりがちだ
  • 慢性的な睡眠不足で、「眠い」が口癖になりつつある

こんな項目が当てはまる場合は生活習慣を改善する必要があります。
カラダを中から整えることで“健康な汗”をかきやすくして、そこから発汗をおさえることができるようになります。
ニオイやべたつき、黄ばみも改善されるので脇汗も気になりにくくなりますよ。

関連記事 : 今からでも遅くない!脇汗の原因5つと対策5選&困った時の裏ワザ

自己療法だけでは不安な場合や、もっとしっかり内側の改善をしていきたい場合におすすめなのがこれです。

アセッパー

汗ケア専用サプリメント「アセッパー」です。

女性汗ケア部門で堂々の5冠を達成し、満足度は驚異の91.7%!
非常に多くの方がアセッパーによる汗対策に満足できると答えています。
1日3粒飲むだけで、汗のべたつきやニオイなどを内側から綺麗に改善していきます。
さまざまなメディアで紹介されており、汗ケアといえばアセッパーといわれるほど。
生活習慣の改善に気をつけながらアセッパーを使用することで、より高い効果と汗をかきにくいカラダづくりができます。

  • 4種類のポリフェノールで汗の体質や体のケアを内側からサポート
  • 汗の分散をサポートし、1日中サラサラ汗を目指します
  • 4種類のニオイに特化したエキスで、汗臭さや体臭の改善もできます

継続購入で最大25%OFF・180日間の安心返金保証に加え、なんと今ならお試し価格初回限定20%OFFキャンペーン実施中です!
90粒入り約1カ月分が20%OFFでお試しできるのは今だけですよ♪
公式ページから購入できるので、気になった方はアセッパー公式ページを見てみてください。

アセッパー公式

まとめ

まとめ

汗の原因と対策、おすすめのサプリメントを紹介してみました。

  • 汗の原因7つの中から、自分に当てはまるものをきちんと把握
  • “健康な汗”でなければ、発汗を抑制しても意味がない
  • 汗を抑える対策6つを、できそうなものから試してみる
  • 外側だけではなく、内側からも汗は抑えることができる
  • 内からケアをサポートするなら「アセッパー」がおすすめ

以上の5点を振り返り、“自分に適した脇汗対策”をしてくださいね。
事前に知識を持っておくことで夏本番にケアが要らなかったり、いざという場面で焦らずに済みますよ♪

関連記事

ページ上部へ戻る