コンテンツ詳細

脇に黒ずみが出来てしまった場合、病院などで人に見せる前に自分でなんとかしたいと思うのは女性ならば自然な考えです。

ですが脇は身体のなかでもデリケートな部位なので誤った自己流ケアをしてしまうと非常に危険なので、最悪の場合黒ずみとは比較にならないほど大変な状態になってしまいます。

ここではそんな自己流ケアの失敗例をまとめています!
なぜ失敗してしまうのか?どんなリスクがあるのかもあわせて読めば、自宅で1人でケアをしても安全に黒ずみを綺麗にする事が出来ます!

その為にはまずは黒ずみの原因から見て行きましょう。

脇の黒ずみの原因は主に2つ

脇の黒ずみの原因となっているのは主に「メラニン色素の沈着」と「毛や老廃物の埋没」です。

見分け方は簡単で、黒ずみの部位を見て肌の表面に凹凸が無ければ色素沈着、凹凸があれば毛等の埋没が原因です。

これらを踏まえた上でこれから紹介する失敗例を見ていけば何故失敗してしまったのかがよくわかります。

それでは早速見ていきましょう!

黒ずみをこすり落とそうとした

石鹸
出典 : http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

黒ずみは一見汚れにも見えるのであかすりなどのざらざらした布で強くこすってしまったり すると間違いなく逆効果になるので絶対にやらないでください。

色素沈着が原因の場合、肌が乾燥している状態で刺激を受けると肌が自己防衛の為に色素を沈着させようとします。

なのでこすってしまうと逆により色素を沈着させることになります。

毛や老廃物の埋没が原因の場合も同様で、上からこする事で毛等がより肌の奥深くにもぐりこんでしまい、黒ずみが悪化したと気づいた時には既に処置の施しようがなく、状態によっては皮膚科で専用の器具を使わないと処置できない事にもなるので気をつけるようにしましょう。

普段身体を洗う時には逆に優しく洗ってあげると刺激が少なくなり、症状が軽い場合はそれだけで黒ずみの改善につながります。

必要以上に強い力で無駄毛の処理をしている

カミソリ
出典 : http://item.rakuten.co.jp/gentsclub/r89/

脇は毛穴が他の部位に比べて大きく肌も弱い為、自然と太い毛が生えてきます。

なので無駄毛処理の時にカミソリやシェーバーを強く当ててしまいがちですが、黒ずみがあるとよりその傾向は強くなるようです。

こちらも黒ずみをこすり落とそうとした時と同じ様により色素を沈着させてしまったり、毛や老廃物をより肌の奥深くに押し込んでしまう結果につながるので気をつけましょう。

ですが女性には無駄毛をどうしても処理しないといけない時が数多くあります。

なので処理の際にはシェービングクリームなどをしっかり使い肌への刺激をなるべく抑え、処理後には化粧水などでしっかり保湿してあげれば問題ありません。

毛穴パックなどの使用

毛穴パックの使用は原因がわかっていても陥りやすい失敗です。

もちろん色素沈着が原因の場合は毛穴に刺激を与えるだけで意味がありませんし、毛穴が一時的に開いた状態になるのでパック後のケアをしっかりしないと色素沈着と毛穴に老廃物がたまってしまう2種類の黒ずみが同時に併発する最悪の状況になる可能性もあります。

また毛穴にたまっている老廃物が原因の場合、一時的に大半の汚れはとれるので黒ずみが治った様に思うかもしれませんが同様にパック後のケアをきちんとしないとすぐに再発する上に下手すればパック時に毛穴が傷ついてしまう可能性もあるので短期間でより悪化した状態で黒ずみが表れてしまいます。

毛穴パックを使用する際には終わった後が肝心なので毛穴を引き締める為に化粧水を使用したり、冷たい水につけた布などでしばらく脇の肌を押さえておけば再発や悪化といった事態を防ぐ事が出来ます。

まとめ

これらの失敗例には肌に無駄な刺激を与えすぎているという点が共通しているので自己流ケアを行う際には原因と今回の失敗例を意識していけば悪化という最悪の事態は防ぐ事が出来るでしょう。

ちなみに脇の黒ずみを自己流でケアする場合には肌に刺激を与えず、再発を抑えた上で確実に効果が出る薬用の美白クリームをオススメします。
薬用の美白クリームには「医薬指定品」というものがありますが、こちらは効果が強すぎて肌に逆に悪影響が出ることがある為「化粧品に美容成分が含まれたもの」をオススメします。

「化粧品に美容成分が含まれたもの」の中では「アットベリー」という製品が最も肌に優しく効果が期待できます!

アットベリー
「アットベリー」には「プラセンタ」や「グリチルリチン酸」といった美容成分が多数含まれており、これらの効果によって色素の除去や毛等の埋没が原因の黒ずみを根本的に除去することが出来ます。

もちろんクリームなので保湿効果もたっぷり含まれており、再発予防もこれ一つで補うことが出来るので出来れば誰にも見せず自分でケアをしたいあなたに迷わずオススメすることが出来ます!

関連記事 : リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」

最後に

今回は絶対にやってはいけない黒ずみの自己流ケアを紹介していきましたが、まとめると以下の3つのことを行えば、黒ずみは解消します。

  • 黒ずみの原因をしっかりと特定する
  • ケアの際には極力肌に刺激を与えないように注意する
  • ケア後には再発予防の為に保湿や毛穴の引き締めをきちんと行う

このようになります!

もちろん「アットベリー」を使用すればこれらの条件を全て満たした上で確実に脇の黒ずみを除去できるので、安全に黒ずみケアを行う事が出来きます。

興味があれば是非一度使ってみてください!

アットベリー詳細

関連記事

ページ上部へ戻る