コンテンツ詳細

妊娠中だと、一般的にクリニックでの治療はお断りされます。胎児に影響が出るというよりも、妊娠中の母体への影響を考えてのことだそうですが、出産したら育児に忙しくなりそうですし、今のうちにやっておきたいというお気持ちはよーく分かります(:_;)
ということで、以下では、妊娠中でもできる脇の黒ずみ解決のためのヒントをご紹介します!

妊娠中はしみができやすい

そもそも、妊娠中は女性ホルモンが乱れ、脇はもちろん、乳首やデリケートゾーンが黒くなってしまうことが多く見られるそうです。
多くの場合、出産を終えてしばらくすれば、なくなるか薄くなるかするようですが、稀にそのまま残ってしまう方もいます。
出産を終えるまで様子を見るか、あるいは、妊娠中のケア(出産を終えるまでに確実に消えるようにする)として以下を試してみると良いかもしれません。

豆乳ローションを塗る

豆乳には大豆イソフラボンが含まれており、これはご存じの通り女性ホルモンに似た働きをします。
肌の新陳代謝を高めるとともに、無駄毛を薄くする効果が期待されており、シェーバーによる黒ずみまで対処できるようです。

保湿する

黒ずみができる部分はだいたいデリケートなところになりますので、日々のケア(特に保湿)が大切になります。
コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、ビタミンなどの美容成分が含まれたクリームまたはジェルを毎日塗りましょう。
これにより肌のターンオーバーを促して、妊娠により受ける影響を跳ね返せる状態を作ります。

保湿ジェルやクリームまとめをご覧ください。

ビタミンEを摂取する

ビタミンは全般的に美白効果がありますが、そのうち、ビタミンEはホルモンの状態を正常にし、抗酸化作用があるとされています。
モロヘイヤやナッツ類に多く含まれていますので、食べ物として摂取しつつ、アーモンドオイルなどを気になる部分に塗りこむと効果がありそうです!

ピーリングジェルを使う

市販だと弱い刺激で済むピーリングジェルが売られていますので、2週間に1回くらいの頻度で肌の新陳代謝を促してあげると良いかもしれません♪

妊娠中だからといって諦めることはありません。赤ちゃんに影響がなく、副作用もなく、母体にも安全な方法はたくさんあります。
基本は毎日のケア。ビタミンは赤ちゃんにも良いです。ビタミンを摂取し、栄養バランスの取れた食事を3食しっかり摂って、たくさんの睡眠時間を確保しするとともに、気になる部分のお手入れをすることで、時間はかかりますが、着実に美肌へと近づくことができますよ!

関連記事

ページ上部へ戻る