コンテンツ詳細

暖かくなり、心地よく過ごせるようになってきました。コートを脱いだらオシャレにももう少し気を付けなければならなくなりますね~。長袖の季節もあっという間に終わり、半袖の季節ももうすぐです。最近では、ノースリーブに加えてベアトップも流行っていますし、ますます脇の黒ずみをケアする必要がありそうです。
そこで、以下では、脇の黒ずみの原因と有効成分についてご紹介します!

脇の黒ずみの原因は日常のアレ!

脇の黒ずみの原因は主に以下の3つとなります。
まずは、毛の間違った自己処理。カミソリで何度もスリスリ、ピンセットでひたすら抜く・・・なんてやっていませんか?
皮膚が傷つくことで黒ずみの原因となるメラニン色素が溜まってしまいます。
2つめは、汚れ。皮脂などを完全にキレイにしないまま過ごしていると、毛穴がつまり、角質となって色素沈着を起こす可能性があります。
3つめは、肌のターンオーバーのサイクルの乱れ。ターンオーバーとは、古くなった肌を剥がれ落として、新しい皮膚を再生させる身体に備わった独自の再生メカニズムのことをいいます。無駄毛の適当な処理・衣服による擦れ・毛穴のつまり・不規則な生活などによって、肌のターンオーバーが乱れると、角質がどんどん溜まっていって、黒ずみやしみの原因となるのです。

黒ずみに効く有効成分は!?

さて、では、脇の黒ずみに効く成分はどのようなものでしょうか?原因別に見てみましょう。

肌へのダメージ補修という点では

コラーゲン・ヒアルロン酸、プラセンタエキスが肌に潤いとハリを与えることができる成分とされています。

肌の汚れや角質へのケアという点では

グリチルリチン酸2Kが殺菌洗浄効果があるとされ、フルーツ酸が角質を落とす効果があるとされています。

肌のターンオーバーの促進という点では

それ自体に有効に働く成分はなく、ターンオーバーのサイクルをもとに戻すために、肌を適切にケアしていくことが必要となります。
美白成分としても有名ですが、ビタミンC、ビタミンEというのは肌の調子を整えてくれる成分です。

効果的に有効成分を取り入れる方法とは?

脇の黒ずみケアクリーム商品が色々でていますが、CLEAFORTというクリームは、フルーツ酸以外の上記成分をすべて含み、さらに、香料・着色料・鉱物油・パラベン(保存料)・アルコール・紫外線吸収剤などの「添加物」も無添加です。
添加物はデリケートな肌にはかなり刺激のある成分ですので、脇や顔に塗るものについては、なるべく無添加あるいは添加物の少ないものを選ぶと良いですよ!

おしゃれもしたいし、おしゃれをした自分を堂々と見せつけたい!そのためには、脇のケアを今のうちからやっておくことが大切です。
薄着の季節がやってくるのが嬉しくなるような魅せつけボディーに変わっちゃいましょう。

クレアフォート詳細へ

関連記事

ページ上部へ戻る