コンテンツ詳細

デリケートゾーンの黒ずみって、とっても気になりますよね。

  • どうしてこんなに黒いんだろう?
  • デリケートゾーンの黒ずみはどうやったら消えるんだろう?

と悩んでいませんか?
デリケートゾーンの黒ずみは、他の人と比較できる場所でもなし、家族や友人に相談できる場所でもないので、一人で悩んでしまいますよね。

黒ずみの悩み 写真

デリケートゾーンの黒ずみができる原因や黒ずみができにくくなるコツ、黒ずみを改善する方法がわかれば、もうデリケートゾーンの黒ずみで悩む必要はなくなります
この記事では、周りに相談できない黒ずみの悩みの解決法を網羅しました

デリケートゾーンの黒ずみ解消法についてはこちらも参考になるので見てみて下さい。
デリケートゾーンの黒ずみを解消できる!美白促進ケア方法!

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方にとって、ピッタリの解決法が見つかるはずです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみができる原因

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンはもともとメラニン色素の生成が活発な部分なので、一般的な日本人女性のデリケートゾーンの色は濃い目です。
茶色か茶褐色であれば他の人よりも黒すぎるということはありませんが、乾燥、摩擦、圧迫など外部からの刺激を受けやすいため、黒ずみができる場所です。
デリケートゾーンの黒ずみは日常生活や毎日の習慣でもできてしまうものです。
デリケートゾーンに黒ずみができてしまう日常生活の習慣をご紹介します。当てはまる習慣がないかチェックしてみましょう。

窮屈な下着をつけている

下着女性写真

下着はどんな基準で選んでいますか?
デザイン重視、値段重視など人それぞれ下着を選ぶ基準は違うと思いますが、小さすぎるサイズを選んでいないでしょうか?
サイズの合っていない小さすぎる下着をつけると、デリケートゾーンを圧迫したり、締め付けたりして刺激を与えてしまい、その刺激でメラニンが生成されて黒ずみができてしまいます
また、小さすぎる下着で足の付け根締め付けてしまうと、デリケートゾーンだけでなく、下半身全体の血行が悪くなって、黒ずみができやすくなってしまうのです。

ボディタオルでデリケートゾーンを洗ってはダメ

ボディタオル

普段、入浴中に体を洗うときにボディタオルを使っている方は、デリケートゾーンもボディタオルで洗っていませんか?
ボディタオルは肌への刺激が強いものが多く、ボディタオルでデリケートゾーンを洗ってしまうと刺激になり、メラニンが大量に生成されて黒ずみとなってしまいます
また、デリケートゾーンをボディタオルで洗うことで、肌に傷がつき炎症が起きることもあります。
炎症が起きるとその炎症が刺激となり黒ずみができる原因となってしまうのです。
また、洗いすぎによる乾燥も刺激となってしまうので注意しましょう。

カミソリでのムダ毛の自己処理

カミソリ

水着を着る季節、旅行前などにデリケートゾーンのムダ毛処理をする方は多いですよね。
脱毛サロンに行くとお金も時間もかかってしまうため、カミソリを使って自己処理をしている方が多いと思いますが、正しい方法でムダ毛の処理をしないとカミソリでの自己処理で黒ずみが悪化してしまいます。
ムダ毛の自己処理を毎日していたり、古いカミソリを使い続けていたりするとデリケートゾーンにかなりダメージを与えてしまい、結果的に黒ずみができてしまうので注意が必要です。

デリケートゾーンのムレ

女性は、生理やおりものでデリケートゾーンがムレやすくなっています。
デリケートゾーンがムレると、菌が繁殖しやすくなり肌に炎症が起きることがあります。
デリケートゾーンに炎症ができてしまうとその刺激でメラニンが生成されて黒ずみができてしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを作らないコツ

ポイント コツ

デリケートゾーンの黒ずみを消すためには、黒ずみを作ってしまう生活習慣を改善すること、肌のターンオーバーを促進することが重要です。
黒ずみを消す方法だけがわかっても、黒ずみができる生活習慣を変えない限り黒ずみはなくならないので、生活習慣の改善とターンオーバーの促進はどちらも大事です。
まずは、黒ずみを作ってしまう習慣を改善するところから始めましょう。
日々の暮らしで黒ずみを作らないためのコツをご紹介します。

デリケートゾーンに黒ずみを作らない下着の選び方

女性の下着

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには下着選びがとても重要です。
デリケートゾーンを圧迫してしまうもの、下着と肌が擦れてしまう下着はつけないようにしましょう。
ショーツの形は、ボクサータイプか股上が深いものがオススメです。
お尻をすっぽりと包んでくれるショーツであれば、デリケートゾーンへの締め付けがなく、圧迫しません。
股上の深いショーツはデザイン性に欠けるのが難点ですが、黒ずみ防止のためにデザイン性は妥協しましょう。
友人や彼との旅行の際には、股上の深いショーツは恥ずかしいと思いますので、そういった特別な時にはデザイン性の高いショーツを楽しんで、普段は黒ずみができにくいボクサーパンツや股上の深いショーツを履くようにしましょう。
ショーツの素材は、蒸れにくい綿やシルクの素材がオススメです。
デリケートゾーンが群れて炎症が起きてしまうと、その炎症が刺激となって黒ずみができてしまうため、蒸れやすいナイロン製のショーツではなく通気性の良い綿やシルクの素材にしてくださいね。
また、最近はふんどしを使う女性が増えているようです。
ふんどしはサイズを自由に調節できるので、デリケートゾーンを圧迫しないように調節することができます。
女性専用のデザイン性の高いふんどしも売られているので、気になる方はデリケートゾーンのムレが気になる方は試してみてくださいね。
また、デリケートゾーンを圧迫や摩擦から解放するためにも寝る時にショーツをつけないというのもオススメです。
日中は下着をつけないことに抵抗がある方も多いと思いますが、夜寝る時であれば下着なしに挑戦できると思います。
寝ている間だけでも、デリケートゾーンを圧迫から解放して、黒ずみができにくい時間を作りましょう。

生理用品は肌に優しいものを選ぶ

生理用品

デリケートゾーンがかぶれたり、ムレたりしないように、生理用品はコットン100%のものや布ナプキンを選びましょう。
また、ナプキンがこまめにかえて、清潔な状態を保つことで、デリケートゾーンの炎症を防止することができます。

カミソリで黒ずみを作らない正しい使い方

カミソリ

カミソリでデリデリケートゾーンのムダ毛を自己処理するときには、正しい方法で行いましょう。
ムダ毛の処理は、1週間に1回を目安に行うことで、デリケートゾーンへの刺激を減らすことができます。
カミソリでムダ毛を処理するときには、毛の流れに沿ってカミソリを使いましょう。
毛の流れに逆らってムダ毛をそってしまうと、肌に負担をかけ、皮膚がめくれて雑菌が入ってしまう子もあります。
雑菌が入ると皮膚を守ろうとしてメラニンが生成され、黒ずみができてしまうので、注意しましょう。
ムダ毛を剃るときにはベビーオイルなどを塗ってから行うと、滑りがよくなり、肌への負担を減らせます。
ボディソープを使う方が多いかもしれませんが、ボディソープは肌の油分を取ってしまうので、肌が乾燥してしまいます。
古いカミソリを使い続けるのも肌によくありません。
ダメ!ぜったい

切れ味が悪くなったカミソリでデリケートゾーンのムダ毛を処理すると何度も同じ個所をそってしまったりして、肌が荒れてしまいます。
カミソリは少なくても1か月に1回変えるようにすると衛生的に使うことができます。
生理前後は、肌が敏感になっているためカミソリでのムダ毛処理は避けましょう。
肌がデリケートになっている時期なので、ムダ毛を処理すると肌が刺激を感じやすく、メラニンの生成が増えてしまいます。
カミソリでムダ毛の処理をした後は、デリケートゾーン専用のクリームで保湿しましょう。
ムダ毛を処理した後は毛穴が開いていて、汚れが入りやすくなっているので、クリームで保湿して黒ずみを防止しましょう。

自己処理は卒業!脱毛で黒ずみを改善する

脱毛

カミソリでのムダ毛の自己処理は1週間に1回が目安ですが、ムダ毛を処理してもすぐ生えてきたり、毎日ムダ毛を処理しないとムダ毛が気になる方は、脱毛サロンで脱毛するのもいい方法です。
自己処理を繰り返すと肌にダメージを与えて、どんどん黒ずみができてしまうので、脱毛サロンで永久脱毛するとムダ毛処理の手間もなくなり、デリケートゾーンも刺激を受けなくなり、黒ずみができなくなります。

デリケートゾーンの黒ずみは脱毛サロンで安心・安全に予防

最近はサロンやエステでの脱毛の値段も安くなり、テレビCMも頻繁に見るため、身近なものになりました。
脱毛サロンは気になるけれど、料金や勧誘などが気になってしまいますよね。
今回は、価格が分かりやすい、勧誘がないと人気で、簡単に脱毛ができる2つのサロンをご紹介します。

キレイモ

脱毛サロンKIREIMO
出典 : キレイモ公式サイト

キレイモは、月額9,500円(税別)で利用できるプランが人気です。
追加料金がかからないため料金システムがとても分かりやすいサロンです。
1回の施術で上半身または下半身の施術を行うため、何度も通う手間もありません。
1か月に1回通う脱毛サイクルなので、混み合わず、次回の予約も取りやすいのが魅力です。
また、勧誘を一切しないことを明記しているので安心してカウンセリングを受けることができます。
忙しくて、こまめに通うことができない方にオススメの脱毛サロンですね。

キレイモの無料相談はこちら

キレイモ-口コミ-

よかった!
今日初施術にいってきました。18回コースです。予約は一回で希望通りとることができました。町田店でカウンセリングの時も感じましたが接客がとても丁寧で、関わりなくてもみんなが挨拶してくれます。初めての全身脱毛でかなり緊張してましたが、部屋も接客もよく、雰囲気よく終わりました。剃り残しがあったみたいで何度かシェービングしてくれましたが責められたりとかはなく、ありがたかったです。痛みも全然なく、保湿マッサージもとてもリラックスできてよかったです。今は肌がツルツルでとても気持ちよくて、これから通うのが楽しみです!

出典:http://minhyo.jp/

とても良かったです☆
まだ通い始めて数回ですが、みなさん接客がとても丁寧です?
予約が取りにくいっていう口コミを見ましたが、前に通ってたサロンは3ヶ月に1度なのにそれでも全くと言って良い程取れず。。。
今はとても快適に通えています!
友達を紹介したらキャッシュバックもしてもらえました!メンズも紹介割引があるって聞いたので、男友達も紹介しようと思ってます!

出典:http://minhyo.jp/

キレイモの無料相談はこちら

ミュゼプラチナム

ミュゼVIOの口コミと料金
出典 : ミュゼプラチナム公式

ミュゼプラチナムはCMで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?
大胆な料金プランが話題となっているサロンですよね。
例えば、「ワキとVライン」が100円で満足するまで何度も通えるなど、格安で脱毛をすることができます。
勧誘も一切ないことで有名なので、脱毛サロンが初めての方も気軽にカウンセリングを受けられますね。

ミュゼプラチナムの無料相談はこちら

ミュゼプラチナム-口コミ-

安心して通える
安い脱毛サロンが流行る中、全身脱毛で契約しました。決して安くないのにミュゼで契約した理由は・接客が丁寧・勧誘がない・店舗数が多い・解約金なし だからです。引っ越しても店舗数多いし安心だし、通えなくなっても解約てまきる安心感。通い放題ではないけれどVと脇は完全脱毛。他サロンの口コミ見てると通い放題だけど意外な落とし穴があったりするようで、通い放題ではないけど安心をミュゼでは施術と共に買えると思います。効果は1回目でも目立った効果ではないけれど抜けてるのを実感出来、生えるスピードがいつもより遅く感じてます。

出典:http://minhyo.jp/

激安キャンペーンでも大満足
通って1年ちょい経過しました。
両脇+Vライン500円のキャンペーンで利用。
安すぎて逆に不安でしたが、最初から効果があり、
現在では「気になった時だけ来て下さい」という状態です。
店舗も多いので予約も取りやすいですし、
勧誘は初回に少しされたものの、その後は特にされてません。
迷ってる方は、一度試されることをおすすめします

出典:http://minhyo.jp/

ミュゼプラチナムの無料相談はこちら

肌のターンオーバーを促進して黒ずみを消す方法

肌のターンオーバー
出典 : http://www.skincare-univ.com/

黒ずみができないコツをご紹介しましたが、次に黒ずみを消すための方法をご紹介します。
黒ずみは肌のターンオーバーを促進することできれいになるので、黒ずみができない習慣を身に着けつつ、肌のターンオーバーを促しましょう。
私たちの肌の細胞は毎日入れ替わっており、古い細胞が垢としてはがれ、新しい細胞が作られています。
この仕組みが肌のターンオーバーと呼ばれ、ターンオーバーがうまく機能していると黒ずみの原因となるメラニン色素が垢となってはがれて、黒ずみのないきれいな肌を保つことができるのです。
ターンオーバーがうまく機能しなくなると、古い角質や余分な角質が肌に残り、生成されたメラニン色素などが肌に沈着して黒ずみとなってしまいます。
黒ずみをきれいにするためにも、毎日の黒ずみケアを習慣にしましょう。
黒ずみができにくい肌環境にするための方法をご紹介します。

専用石鹸で臭いも汚れもきれいにする

ビキニラインの石鹸

毛穴に汚れが詰まっていたり、古い角質が蓄積していると、肌のターンオーバーがうまくいきません。
肌のターンオーバーがうまく機能するようにデリケートゾーンの汚れや古い角質を取り除きましょう。
デリケートゾーンをきれいにするときには、デリケートゾーン専用の石鹸を使うと、デリケートゾーンを守りながら汚れやにおいをきれいにすることができるんです。
デリケートゾーン専用の石鹸は、アルカリ性の一般の石鹸と異なり弱酸性です。臭いを抑制したり、黒ずみを押さえてくれる成分が配合されているものが多いため、デリケートゾーンの黒ずみ対策、臭い対策におすすめです。
毎日の黒ずみ対策の一環として、デリデリケートゾーン専用の石鹸できれいにしましょう。
デリケートゾーンをきれいにしておくと、肌のターンオーバーがうまく機能するようになるので、時間はかかりますが少しずつ黒ずみが改善されていきますよ。
石鹸でデリケートゾーンを洗うときには、しっかりと泡立てて、泡でなでるように洗うのがコツです。
あまり石鹸を泡立てずにごしごし洗ってしまうと、摩擦で黒ずみができやすくなるので、気をつけましょう。
デリケートゾーン専用の石鹸はラヴージュがおすすめです♪

ラヴージュ公式サイト

関連記事 : ラヴージュで黒ずみを綺麗にする!誰でも出来るコンプレックス解消法

睡眠をしっかりとる

睡眠 女性
ターンオーバーを促進させるためには睡眠をしっかりとることも重要です。
ターンオーバーは寝ている間に行われ、特に夜10時から2時の間に活発になると言われています。
ターンオーバーには6時間かかるため、毎日6時間は睡眠をととらないときちんとターンオーバーが行われません。
睡眠不足が続くと肌が荒れるのはターンオーバーがうまくいかなくなるからですね。
黒ずみもターンオーバーがうまく機能することで消えていくので、なるべく夜10時から2時の間に寝るようにしましょう

食生活に気を付ける

野菜

黒ずみを消すためには、食べるものも大事です。
美白や美肌つくりに効果のある、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6が含まれる食品を積極的に食べるようにしましょう。
これらの栄養素が含まれる食べ物は、果物、ニンジン、ホウレンソウなどの緑黄色野菜です。
毎日同じような食材ばかりを食べがちな方は、2、3日に1種類はいつもと違う果物や野菜と食べるようにすると偏りができません。

アロマでストレスケア

ストレスが多いと感じるときはカラダを守るバリア機能低下とホルモンバランスが乱れに影響を及ぼします。
女性ホルモンのエストロゲンは女性の美しさを引き出そうとするホルモンで、体にストレスを抱えているとホルモンバランスが乱れ、エストロゲンが減少してしまいます。
この状態になると肌はより敏感になり、黒ずみを作りやすい環境になってしまいます。

ストレス解消をご自信で出来る方は問題ないですが、ストレスケアが難しいという方には、アロマがおすすめです。
アロマの香りが自然と体に癒しを与え、ストレスケアが出来ます。

デリケートゾーン専用クリームランキング!肌ケア臭い刺激対策

デリケートゾーン専用石鹸で洗った後は、デリケートゾーン専用のクリームで保湿して、乾燥や摩擦などの刺激から守りましょう。
石鹸でデリケートゾーンを洗った後は毛穴が開いて、乾燥しがちなので、デリケートゾーンにも使える専用のクリームを塗って保湿しましょう。
乾燥していると汚れが入り込みやすくなるので、石鹸できれいに洗ったり、ムダ毛処理した後は専用クリームで保湿すると黒ずみができにくくなります。
デリケートゾーン専用クリームは様々な種類がありますが、Amazonや楽天、アットコスメ、更には知恵袋やブログなどで口コミ評価が高いクリームをランキング形式でご紹介します。
デリケートゾーン専用のクリーム選びで迷ったときには、ぜひ参考にしてくださいね。

1位.ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

商品名 ホワイトラグジュアリープレミアム
販売元 トータルビューティー美彩
値段 9,980円 ⇒ 定期購入5,980円
内容量 25g(約1ヶ月分)
主成分 グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス、他
公式サイト http://whiteluxurypremium.com/

多くの女性に選ばれ、2016年のモンドセレクションも受賞した間違いのないデリケートゾーンの黒ずみ対策ケア用品です。
アルコール、香料、鉱物油、パラベン、着色料、石油系界面活性剤が使用されていないので、敏感なデリケートゾーンにも安心して使うことができます。
メラニンの生成や増加を抑制する3種類のビタミンが配合され、使い続けるうちに黒ずみが薄くなっていきます。
Vライン、乳首、ワキ、肘など全身のパーツに使えるのも魅力です。

>ホワイトラグジュアリープレミアム公式サイト

2位.アットベリー

アットベリーがおすすめ

商品名 アットベリー
販売元 株式会社ファーストフレンズ
値段 通常6,800円 ⇒定期購入5,440円 ⇒ 2,980円(税抜 初回分)
内容量 60g(約1ヶ月分)
主成分 ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタ・セラミド・グリチルリチン酸2K
公式サイト http://www.at-berry.jp/

女性2,359人に行った肌の黒ずみケア部門で圧倒的支持を誇り5冠を達成した黒ずみ対策ケア用品です。
消臭効果があるので、デリケートゾーンの臭いが気になる方にオススメです。
ナノ化させたコラーゲンやオリゴヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているので、デリケートゾーンをしっかりと保湿します。
デリケートゾーンでも安心して使えるように刺激となる成分は入っていません。

関連記事 : リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」

3位.ピューレパール

pulepearl

商品名 ピューレパール
販売元 株式会社ハーバーリンクスジャパン
値段 通常7,600円 ⇒定期購入4,750円(税抜)
内容量 30g(約1ヶ月分)
主成分 グリチルリチン酸・プラセンタ・米ぬか
公式サイト http://pule-p.com/

デリケートゾーンの黒ずみ対策だけでなく、「わきのニオイ対策」のおすすめコスメとしてスキンケア大学に掲載された商品!
ビタミンC誘導体が配合されているので、デリケートゾーンの美白に効果があります。
また、プラセンタ、米ぬかエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷり含まれているので、乾燥しがちなデリケートゾーンを保湿し、黒ずみ防止になります。

関連記事 : 脇の黒ずみ解消クリーム!ピューレパールを使用した結果

4位.ラヴージュ

脇のニオイをケアできる石鹸

商品名 ラヴージュ
販売元 pupu株式会社
値段 通常9,000円 ⇒定期購入4,980円(税抜)
内容量 約1ヶ月分
主成分 β-カロテン(プロビタミンA)、アルガンオイルなど
公式サイト http://pupustore.com/

ラヴージュはデリケートゾーン専用ケアコスメです。
洗いすぎてしまったデリケートゾーンを保湿し、汚れや刺激から守ります。オーガニック素材が使用されているので安心して使うことができます。
デリケートゾーンの臭いが気になる方におすすめです。

ラヴージュ公式サイト

5位.イビサクリーム

イビサクリーム
出典 : http://www.cosme.net/

商品名 イビサクリーム
販売元 株式会社ファイブテイルズ Five tails co.,Ltd.
値段 通常7,000円 ⇒30%offキャンペーン4,970円(税抜)
内容量 約1ヶ月分
主成分 トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウムなど
公式サイト https://ibizabeauty.net/

GLITTERをはじめ、メディアに多数掲載されている商品で、アメリカでも人気があります。
デリケートゾーン専用のクリームで、黒ずみを美白する成分と肌の潤いを整える成分が配合されています。
メラニンの生成を抑制する植物成分が配合されているので、使い続ければ黒ずみができにくい肌になります。
肌の刺激になる成分も入っていないので、赤ちゃんでも使えるほど安全です。

薬局などで買えるデリケートゾーン用ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンは美白成分のひとつで、従来の美白成分と比べ約10~100倍の美白効果があり、ハイドロキノン配合のクリームはお近くの薬局やドラッグストア、デパートなどでも取扱いがあれば購入できます。
ハイドロキノンの特徴は、

  • 色素沈着を着実に薄くできる
  • シミ治療などにも使われる

このような強みがあり、デリケートゾーンの黒ずみ対策にも効果的とされています。
そこで、お近くのドラッグストア、デパートなどで購入できるおすすめ商品をいくつか紹介しておきます。

ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9

QuSomeホワイトクリーム1.9
出典 : http://www.cosme.net/

紫外線などのダメージを消して澄み切った肌へ導くナイトクリーム。ハイドロキノン配合で透明感を放つ、一点の濁りもない肌へ導きます。
【価格】15g・6,000円

商品詳細

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
出典 : http://www.cosme.net/

新安定型ハイドロキノンを高配合。沈着したシミに集中的に働きかけ、明るく輝く素肌に導きます。
【価格】11g・10,000円

商品詳細

オバジHQ ブライトニングナイトセラム

オバジHQ ブライトニングナイトセラム
出典 : http://www.cosme.net/

ハイドロキノン配合の美容液。気になる部分にぴったりと密着し集中ケアができます。
【価格】10g・9,000円

商品詳細

その他、黒ずみに有効とされる商品

・アットノン クリーム(医薬品)
有効成分の、ヘパリン類似物質が保湿効果や血行の促進、それに伴う肌の新陳代謝を促すという効果があり黒ずみ対策によいとされています。

・オリーブオイル
オリーブオイルの保湿力と肌のバリア機能強化で毛穴の黒ずみを浮かせて落とす効果が期待できます。

・ニベアクリーム
スクワラン・ホホバオイルが配合され、刺激から肌を保護し、荒れを防ぎます。黒ずみ予防に効果的です。

病院で黒ずみをきれいにする方法

これまで、普段の生活で黒ずみを作らないコツや方法をご紹介してきましたが、頑張っても黒ずみが解消されなかったり、自分での黒ずみケアでは限界を感じている場合は、病院で黒ずみを消す方法もあります。
黒ずみで悩んで楽しく生活できないくらいなら、病院で黒ずみをきれいにしてもらうのもいい方法です。
病院で黒ずみをきれいにする方法は、レーザー治療、ケミカルピーリング、塗り薬、手術などの方法があります。
それぞれについて詳しくご説明します。

病院でレーザー治療

レーザー治療は、レーザー光線を黒ずみに当ててメラニン色素を破壊して黒ずみをきれいにする方法です。
破壊されたメラニン色素はターンオーバーと一緒に剥がれ落ちます。
1回の施術できれいになるわけではなく、10回ほど施術することで徐々にきれいになっていきます。
病院にもよりますが、1回の施術料金は1万円ほどです。
お金はかかりますが、黒ずみで一生悩む時間がもったいないと考える方、確実に黒ずみをきれいにしたい方はレーザー治療で黒ずみを消すのもいいですね。

婦人科での黒ずみ治療

婦人科でも黒ずみ治療をうけることができます。
婦人科では塗り薬による治療、手術による治療、ケミカルピーリングによる治療があります。
塗り薬による治療では、ハイドロキノンという美白剤が処方され、直接デリケートゾーンに塗って黒ずみをキレにしていく治療方法です。
即効性はありませんが、使い続けるうちに黒ずみが薄くなっていきます。
ハイドロキノンは市販されていますが、市販品は濃度の選び方など自分で判断するのは危険なので、婦人科で処方してもらうと安心です。
小陰唇が大きすぎると、摩擦で黒ずみがひどくなることがあります。
この場合は、小陰唇を切除して摩擦を少なくする手術を行います。
手術自体は大掛かりなものでなく、30分ほどで終了し、料金は片側で15万円前後かかります。
もともと小陰唇が大きい方は、摩擦で黒ずみができやすくなっているため、気になる方は病院で相談して、手術するという選択もいいと思います。
医療機関のみで行われるケミカルピーリングによる黒ずみ除去方法もあります。
ケミカルピーリングで古い角質を除去することで、肌のターンオーバーを促進します。
こちらも1回の施術で黒ずみが消えるわけではなく、2週間から3週間に1回施術を受け、黒ずみがなくなるまで行います。
自分での黒ずみ対策では限界を感じて精神的につらい方は病院で黒ずみをきれいいすることもオススメです。
その場合は、やはり信頼できる病院に通いたいですよね。
少しでも不信感を感じたら通院をやめ、病院を変えるほうが安心して通うことができるはずです。
また、すべての婦人科で行っているわけではないので、電話などで確認してくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみ治療におすすめなクリニック

レーザー治療を行っているのは美容外科や美容皮膚科です。
実績、技術、知名度がある病院には湘南美容外科クリニックシロノクリニックがあります。

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニック
出典 : https://www.s-b-c-biyougeka.net/lp/top/

湘南美容外科クリニックのMedLite(メドライト)C6は、色素系疾患レーザーのパイオニアであるConBio社が20年以上にわたり蓄積した技術とノウハウから生まれた、最新のQスイッチYAGレーザーです。
安全保障制度があり、ドクターとの無料カウンセリングを受けることもできるので、レーザー治療について気になる方はまずは相談してみてはいかがでしょうか?

湘南美容外科クリニック公式サイト

シロノクリニック

シロノクリニック

シロノクリニックは、レーザー治療、エイジングケアを専門とした美容皮膚科です。
シミや黒ずみの種類や性質・濃さなどにより、治療経験豊富な医師が最適な治療方法を見極め、特性が異なる多数のレーザー・光治療器を使用して治療を行います。
痛くない治療を提供しているので、病院が苦手、痛いのが苦手という方にオススメです。

シロノクリニック公式サイト

まとめ

黒ずみができる原因や黒ずみをきれいにする方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?黒ずみケアは大まかに次の手順で行うと、うまくいくと思います。

  1. 黒ずみができる原因は普段の生活習慣にあります。
  2. 黒ずみを作らないように生活習慣を変えましょう。
  3. デリケートゾーンのターンオーバーを促進して黒ずみを消しましょう。
  4. 自分で行う黒ずみケアに限界を感じたら病院に行って治療を受けましょう。

まずは、自分でできる黒ずみケアから始めてみましょう。
黒ずみができにくい習慣を作って、肌のターンオーバーを促進し、黒ずみの悩みから解放されましょう!
即効性を求める方は、病院で相談して見てくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る