コンテンツ詳細

女性であれば日々行っている脇の除毛。見た目上はつるつるにキレイにできたつもりでも、実は脇の黒ずみの原因となっているんです。
以下では、脇の除毛の際の肌への刺激の実態と黒ずみ対策について見ていきたいと思います。

脇はとってもデリケート!

脇、秘部、背中は身体の中で一番デリケートな部分です。デリケートな部分というのは、黒ずみの原因ともなる色素であるメラニンが沈着しやすく、シミができやすく、傷つきやすい部分でもあります。
例えば、背中をずっとかいていたところがいつの間にかしみになっていたことはありませんか?それくらい、ほんの少しの刺激でメラニンが住み着いてしまうんです。
そのため、実は顔以上に大切にしなければならない箇所とも言えますね。

カミソリによる除毛

一番ポピュラーなのがカミソリを使用しての除毛だと思います。が、実はこれが一番危険。
カミソリは脇全体に使用しますよね。毛をカットしつつ、表面の肌も何度も何度もボロボロと剥がしていきます。
こうして日々肌に負担をかけていくと、肌を守るためにメラニン色素が過剰に生成され、黒ずみへとつながるのです。

ピンセットによる除毛

ピンセットだったら毛に対してピンポイントでヒットするから肌を傷つけないのではと思いますよね。でも、実はこれも少し危険。
うまく抜くことができれば肌に負担をかけずに済むのですが、途中で切れたり、無理に抜くことで、毛根を痛め、埋没毛の原因になりますし、それが原因で周辺にメラニンが蓄積してしまうこともあるんです。

望ましいのはケアと保湿とシェーバーの3セット!

除毛方法で望ましいのは電気シェーバーを使うことです。ただし、ただ使うだけでは完璧に黒ずみは除去できません。
予めヒアルロン酸などの保湿効果のあるジェルを塗り、その上からシェーバーをかけましょう。その後シャワーをして、いったん乾燥させたら、仕上げにビタミンなどの美白効果のある美容液を塗ると肌を守ることができ、メラニンの賃借を予防することができます。
薬局で市販でも売っているもので構いませんので是非試してみて下さい。
ピューレパールという保湿成分のたっぷり入ったジェルは私のオススメです。

サロンやクリニックで脱毛もやっていますが、何回も通わないといけませんし、値段も高いですし、人によっては10年かかってようやくつるつるになる人もいるくらい長くかかります。
自宅でも黒ずみを作らずにつるつるにすることもできますから、自分に合った方法を見つけることから始めると良いかもしれませんね♪

詳しくは自宅でできる黒ずみケアに書いています。

関連記事

ページ上部へ戻る