コンテンツ詳細

ヒジやヒザ、脇や顔のシミなど、肌の黒ずみやシミはご存知「メラニン」という色素の沈着や、肌の老廃物である垢や角質によるものです。女性らしい白くて透明感のある肌を手に入れたい女性にとって、これらの肌の黒ずみは本当に気になるもの。

そこで今回は、肌ケアの専門家である皮膚科ではどのような処置をしているのかを紹介し、あなたの肌ケアの方法をアドバイスしていきます!

皮膚科で行う肌の黒ずみのケアとは

まずは皮膚科では肌の黒ずみにどんな治療・処置をするのかを見ていきましょう。

お肌の漂白剤「ハイドロキノン」で黒ずみケア

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトの活性を抑制し、メラニンの産生を抑制する作用があります。すなわち、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。 効果は強いですが、安全性も高いことが知られています。
引用:やまもと皮フ科

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも言える薬で、メラニンが原因となる肌の黒ずみを解消してくれる薬です。塗り始めてから効果が現れるまでは、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が完了する1ヶ月前後の期間を要します。

ハイドロキノンは市販の美白化粧品にも使用されていますが、それらの商品は非常に高額です。保険適用外ではありますが、皮膚科で処方してもらうほうが安価に済む場合が多いので、使ってみたい人は覚えておいてくださいね。

ピーリングで古い垢や角質を処理

ケミカルピーリングは、皮膚をはがすことで生じる効果を利用した治療法です。その深さをケミカルピーリングガイドラインでは4段階に分けています。やまもと皮膚科では「酸性」の薬剤を使用し、肌を薄く剥がす(角層除去)ことで、皮膚のいろいろな再生機構が働き、新しい皮膚の再生が期待できます。
引用:やまもと皮フ科

ピーリングは一般的に知っている人も多い処置の方法ですよね。古くなった垢や角質をはがすことで、肌のくすみが取れ、繰り返すことでシミや黒ずみが徐々に目立たなくなっていきます。

化学的に肌の角質を柔らかくして取り除くケミカルピーリングや、レーザーを照射する方法があり、併用する場合もあります。

新世代の黒ずみケア!ルミキシル

ルミキシルは米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい成分「Lumixylペプチド」を配合したクリームです(医療機関専売品)。Lumixylペプチドは天然由来のアミノ酸から成るタンパク質で、シミの原因メラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。
引用:聖心美容クリニック

ルミキシルも最近話題になっている美容成分ですので、ご存知の方は多いのではないでしょうか? 先ほどご紹介したハイドロキノンと同じ効果があるとも言われていますが、臨床試験ではハイドロキノン以上の効果があったというデータが出ており、また肌にも低刺激ということで、ルミキシル配合の化粧品はとても人気になってきています。

臨床試験では、医療機関でも多く使用されている「ハイドロキノン」より、ルミキシルの方が17倍も高い有効性※を持つことが確認されています。(チロシナーゼを86%、メラニン生成を40%阻害)ルミキシルは、部分的に白く色抜けすることなく、肌のキメを整え、肌を引き締め、透明感のある肌へと導きます。
引用:聖心美容クリニック

そんな大注目のルミキシルですが、日本ではまだ保険適用外ですので、処方してもらうと非常に高額になってしまいます(30gで15,000円ほど)。

肌の黒ずみをできるだけ早く解消するには!

皮膚科に行こう

まずは皮膚科に行こう!

顔のシミや、脇の黒ずみなど、肌にできてしまった黒ずみのケアは、自宅でももちろん可能です。ピーリングジェルや石鹸などは薬局でも簡単に購入することが可能ですよね。

しかし、自己流のケアは、かえって肌にダメージを与えてしまって肌のトラブルや悩みを悪化させてしまうことも……。例えば、ピーリングは古くなった垢や角質とは言え、「肌をはがす」という方法ですから、やり方を間違えたり、やりすぎによって、余計な肌のトラブルが発生してしまうことはよくあるのです。

したがって、まずは皮膚科を受診し、皮膚科医に肌のトラブルの原因をしっかり分析してもらいましょう。そして必要に応じてハイドロキノン、ルミキシルなどの薬を処方してもらうのがいいでしょう。

皮膚科へ行く時間が無い人は?

皮膚科へ行ったほうがいいのはわかっているけど、行く時間が無いという忙しい人も多いでしょう。そんな人はピーリングという物理的に肌をはがしてきれいにする方法よりは、肌のターンオーバーを保湿や有効成分によって促進してくれる商品を選ぶのがいいでしょう。自己流のピーリングにはやはり先ほど述べたようなリスクがあるからです。

薬局で手に入るものもありますが、通販で人気の商品を選ぶというのもいいでしょう。私が肌の黒ずみケアができる化粧品として特にオススメしているのは、アットベリーという商品です。

アットベリーはヒアルロン酸、コラーゲン、そしてプラセンタというみなさんご存知の美容成分が配合されているジェルタイプの化粧品で、肌をしっかり保湿することが可能です。保湿効果のある美容成分の効果で肌のターンオーバーが促進され、早ければ1ヶ月程度で黒ずみが薄くなる効果が期待できます。

私は目の下にできたシミが気になっていたときにアットベリーを知り、サイトの口コミなどもチェックして良さそうだったので購入して使ってみました(ちなみにアットベリーの公式サイトでは「ワキ・二の腕の黒ずみに効果的」と紹介されていますが、私のように顔などの部位に使っている人も多いことが口コミからわかります)。

1ヶ月弱でシミが確実に薄くなってきているのがわかり、2ヶ月でシミがキレイに消えたんです! 使い続ければ確実に効果が現れるものですので、肌の黒ずみに悩んでいる人はぜひ使ってみてくださいね。

関連記事【リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」】で
実際にアットベリーを2ヶ月使ってみたブログも参考にしてみてください。

アットベリー
アットベリーはコチラ

私は脇の黒ずみが気になることはあまり無いのですが、脇の黒ずみに悩んでいた友人は、「クレアフォート」という商品を使ってみたところ、効果がすぐに出たと言っていました。

調べてみると、クレアフォートには脇の黒ずみを解消する「プルーン酵素分解エキス」が含まれており、この成分に美容効果があるようです。クレアフォートも気になる人はチェックしてみてくださいね!

クレアフォート
クレアフォートはコチラ

関連記事

ページ上部へ戻る