コンテンツ詳細

脇の黒ずみへの対策としては、美白クリーム、レーザー治療、ピーリングなどたくさんの種類があると思いますが、「酵素」というのはなかなか耳にしないのではないでしょうか。 
そこで、今回は「酵素」をピックアップして、その効果、特徴、メリット・デメリットについて紹介したいと思います!

酵素とは?

酵素と一言で言っても、消化を助けてくれる消化酵素、エネルギーを作り出す代謝酵素、汚れを落としてくれる酵素、みそや納豆に含まれる食物酵素、微生物群の酵素、など3000種類以上もあります。
その中で、脇の黒ずみに作用してくれるのが、汚れを落としてくれる酵素です。タンパク質や脂肪を分解して古くなった角質を落としてくれます。具体的にはハイドロキシンと呼ばれる酵素が一般的です。
そもそも、黒ずみはメラニンによる色素沈着が原因です。そして、そのメラニンは、皮膚の奥に存在するメラノサイトと呼ばれる細胞中で、チロシンという物質からメラニンが合成されるのですが、ハイドロキシン酵素がこのメラニン生成過程をブロックするとされています。

酵素クリーム、注意すべきことは?

ハイドロキシン(ハイドロキノン)は強い成分なので、皮膚が弱い方は、薄めて使用するか、含有量の少なめな商品の使用をおススメします。というのも、強い刺激を繰り返すことにより、メラニン色素が沈着してしまうという特性を持っているからです。厚生労働省で許可されている市販クリームへの配合量は2%です。
一方で、皮膚科で処方してもらうクリームや薬剤師監修の元開発された市販クリームの中にはもう少し高濃度のクリームがあります。3%や4%程度のものもありますし、さらには10%も含有されているものまで種類は豊富です。
しかしながら、5%になると発がん性が確認されたという研究結果も報告されているので、5%以内のものを使用するか、5%以上のクリームを使用したい場合はお医者さんと相談して処方してもらうと良いでしょう。後者の場合は予め濃度の低い市販のクリームから試してみると良いかもしれません。さすがに10%は危険だと思いますので、多くても5%前後にしておくことをおススメします。

どのようなクリームがあるの?

「アンプルール」という商品がハイドロキノン2.5%で、「ビーグレン」という商品が1.9%で市販されています。
近では「キノンクリーム」という商品が、濃度10%で売られているようです。
皮膚科ではハイドロキノン4%の「ハイドロキノンクリーム」が多く処方されています。

肌の状態は人それぞれですし、脇は顔と同じくらい弱くてデリケートな部分ですので、これ以上メラニンが蓄積しないよう慎重に商品を選ぶ必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る