コンテンツ詳細

日中は汗ばむほどの陽気が感じられるほど、徐々に暖かくなってきましたね。

暖かくなるのはうれしいですが、それと同時に夏へのカウントダウンも始まっています。

夏になれば涼しい恰好で過ごしたいものですが、そのためには露出がつき物。

しかし、ノースリーブを着るとなると、気になるのは脇の黒ずみ……。

ネット上には色んな対策やそのための商品が紹介されていますが、その数も非常に多くてどれがいいのか悩むところ。

今回はそんな女性のみなさんのために、気になる肌の黒ずみを解消できるコスメと、その効果をご紹介していきます!

脇だけでなくビキニラインの黒ずみを解消できる商品もご紹介しますので、自分の水着姿をより美しく見せたい人も必見ですよ!

脇のブツブツ解消にもおすすめ!アットベリー

アットベリー

固くなった皮膚にしっかり浸透

このサイトでも今までに何回かご紹介していますが、アットベリーは脇のブツブツも解消できるということでも非常に人気の商品です。

固くなってしまった皮膚にもしっかり浸透して効果が出るということで、二の腕のブツブツをケアするために使っている人も多いですね。

カミソリや毛抜き、あるいはレーザー脱毛などでダメージを受け、その結果黒くなってしまった脇の毛穴をしっかり健康な状態に戻すための成分が含まれています。

3つの成分の相互作用で黒ずみを撃退!

アットベリーに含まれている

  • プラセンタ
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 甘草フラボノイド

という3つの成分が特に脇の黒ずみケアに効果的で、プラセンタは皮膚細胞の活性化を促し、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があり、そして甘草フラボノイドは黒ずみの原因となるメラニンの生成を防いでくれるのです。

これらの成分によってただ単に黒ずみを解消するだけではなく、気になるブツブツも緩和させることができ、そして今後黒ずみができにくい肌を手に入れることが可能です。

こうした黒ずみケアの商品は肌のターンオーバー(生まれ変わり)のサイクルである28日間は最低でも使いつづけないと効果はあまり期待できません

露出の増える季節が本格化する前にキレイな脇を手に入れてしまいましょう!

もちろんアットベリーは脇や二の腕以外の部位にも使用できるので、ビキニラインに使用している人も多いですし、鼻の黒ずみをケアするために使っている人も多くいらっしゃいます。

あなたの気になる肌の黒ずみはアットベリーで撃退しちゃいましょう!!

関連記事 : リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」

約90パーセントが満足!リピーター続出のピューレパール

ピューレパール

各種メディアでも大絶賛の人気黒ずみケアコスメ

続いてご紹介するピューレパールも最近とても人気になってきているコスメで、脇の黒ずみをしっかり解消させることができます。

Menjoy(メンジョイ)、Modelpress(モデルプレス)といったWebメディアでも何度も取り上げられています。

高分子ヒアルロン酸が肌の奥までしっかり浸透!

ピューレパールに配合されているヒアルロン酸はみなさん保湿成分としてご存知ですよね。

しかしこのヒアルロン酸、実は「分子の大きさ」が毛穴にしっかり浸透させるためにはとても大きく、「表面的な潤いを与えることしかできない」というのが今までの化粧品業界の課題でした。

つまり、肌の表面をケアすることはできても、今後肌の表面になる肌の「深層」まで成分が届かず、結果として対処療法的な措置を施すことしかできなかったのです。

しかしピューレパールはヒアルロン酸の分子サイズを極限まで小さくした「ナノサイズ」のヒアルロン酸を配合しているため、脇の皮膚の深層まで保湿成分がしっかり行き渡ります。その結果肌のターンンオーバーが促進されて黒ずみを解消することができるのです。

無添加だから敏感肌のあなたも安心!

また、無添加で低刺激というのもピューレパールのおすすめポイント。黒ずみケアの即効性を求めるなら、「肌の漂白剤」として知られるハイドロキノンが配合されているクリームなどを皮膚科で処方してもらうのがベストですが、ハイドロキノンは肌に負担がかかる成分です。そのため人によっては皮膚に異常が出てしまう場合も……。

その点、皮膚に優しい成分だけで作られているピューレパールなら敏感肌の人も安心して使えますよね! 使った人の満足度も89.7パーセントとほぼ9割。これなら安心してキレイな脇を手に入れられそうですね!

ピューレパール詳細へ

いかがでしたでしょうか? 夏まではまだまだ時間があるような気もしますが、効果が出るまではやはり最低でも1ヶ月かかるので、今から脇の黒ずみをしっかりケアしておきましょう!

関連記事 : 簡単!自宅で手軽にできる脇の黒ずみケアまとめ

関連記事

ページ上部へ戻る