コンテンツ詳細

その優れた洗浄力で黒ずみに効果があるとされているココナッツオイルですが脇の黒ずみにも効果はあるのでしょうか?

そもそもココナッツオイルのどんな成分が黒ずみに効くとされているのかがわからないとどうにも使う気にはなれませんよね。

そこで今回はココナッツオイルの成分や脇の黒ずみへの効果について調べてみました!

含まれている成分やその作用から、黒ずみの原因に対してどのようなアプローチをしてくれるのか紹介していくので、黒ずみを確実に治す方法がわかりますよ♪

黒ずみの原因とココナッツオイル

黒ずみは「色素沈着」と「毛穴にたまった老廃物」が原因となっており、乾燥で肌が弱っている状態で無駄毛処理などの刺激を与えると肌が自己防衛の為に色素を沈着させ黒ずみになってしまいます。

また脇の毛穴は身体の他の部分に比べ少し大きいので老廃物がたまりやすく、老廃物がたまった毛穴が炎症を起こして変色し、黒ずみになる場合もあります。

  • 黒ずみになっている肌の表面がザラザラしていると「毛穴にたまった老廃物」が原因
  • ザラザラしていないと「色素の沈着」が原因

とこのように見分けることが出来ます。

脇の肌は非常にデリケートに出来ており、汚れもたまりやすいので注意しないとすぐに黒ずみなどの肌トラブルが起きてしまうのです。

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸とは?

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸
ココナッツオイルには「ラウリン酸」という成分が含まれており、通常のオイルよりも美容用に販売されているヴァージンココナッツオイルの方がその含有量は多くなっています。

ラウリン酸は肌の表面に対して優れた抗菌・抗炎症作用を持っており、使用することで不純物や雑菌を除去して肌の防御の役割を担ってくれます。

ココナッツオイルが黒ずみに効果があるといわれているのはこのラウリン酸の作用が理由でしょう。

それではココナッツオイルを使用すれば脇の黒ずみを治す事が出来るのでしょうか?

ココナッツオイルを使ったケアの方法!

オイルを使用すれば「毛穴にたまった老廃物」が原因の黒ずみを除去する事が出来ます。

ココナッツオイルの使い方

  1. 美容用のヴァージンココナッツオイルを用意する
  2. オイルを少量手に取り体温で少し暖める
  3. 脇に塗って3分ほど放置する
  4. ボディシャンプーを使用して丁寧に洗い流す
  5. 化粧水などでしっかり保湿を行なう

このようになります!

この方法を使用すれば毛穴にたまった老廃物を除去する事ができ、炎症も防ぐ事が出来ますがケアの最後にしっかりと保湿を行なわないと肌が乾燥して黒ずみが悪化してしまう事があるので注意して下さい。

また敏感肌の人はココナッツオイルを使用しないほうがいいでしょう。
ココナッツオイルの洗浄力は非常に強力な為、肌が弱い人などが使用すると逆に必要以上の刺激を与えてしまい新たな黒ずみが出来てしまいます。

色素の沈着が原因の場合は効果がない!

色素沈着ではココナッツオイルは効果がない
そして「色素沈着」による黒ずみの場合はココナッツオイルでは対処することが出来ません。
ラウリン酸には優れた洗浄力はありますが、色素を除去する作用はなくむしろ余計な刺激を与えてしまうことになってしまいます。

では敏感肌や色素沈着が原因の黒ずみの人はどのようにして黒ずみを治せばよいのでしょうか?

安全で確実に黒ずみを治す事が出来る方法!

安全で確実に黒ずみを治すには「薬用の美白クリーム」が最も適しています。

薬用の美白クリームを使えば肌に刺激を与えず、色素と毛穴の老廃物両方の原因に対処することが出来ます。

今回はその中でも特に脇の黒ずみに効果が高いとされている「アットベリー」について紹介します。

アットベリーで脇の黒ずみを解消する

アットベリーには「プラセンタ」「グリチルリチン酸2k」「米ぬかエキス」など多数の成分が配合されており、特に嬉しいのは全て自然成分で出来ているという点です。

その為肌に余計な刺激を与えずに黒ずみを除去する事ができ、また数日も使えば効果を実感する事が出来ます。

使い方も朝夜に1回ずつ脇に塗りこむだけで簡単なので是非試してみて下さいね!

関連記事 : リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」

追伸

ココナッツミルクを黒ずみケアに使用する時には以下の3つをするだけで肌の負担を抑えつつ確実に効果を得ることが出来ます!

  • 黒ずみの原因は「色素沈着」と「毛穴の老廃物」
  • ココナッツオイルは「色素沈着」が原因の黒ずみには効果が無い
  • 敏感肌の人はココナッツオイルを使うと逆効果!

このようになります!

薬用の美白クリームを使えば肌に優しく確実に効果を得ることが出来るので、是非上手に使って綺麗な脇を手に入れてください!

関連記事

ページ上部へ戻る