コンテンツ詳細

脇の黒ずみは脇の摩擦が要因になります。脇の摩擦と言うと、日常生活の中で無意識に起こっている動作が原因となります。
それはサイズが合わない下着の着用や、洋服の摩擦などが考えられます。また、脇へのダメージとして乾燥があります。
表面は汗などでベタベタしていても内側が乾燥していることがあります。
そうなりやすいのは脇なので脇は常に清潔に保ち保湿してあげることが大切です。保湿と言うとどのような保湿が効果的なのでしょうか?

肌の修復

脇の黒ずみを治すのには、ただ保湿すればいい訳ではありません。肌が傷んでいるのでその傷んだ肌を修復することができる成分を含んでいるクリーム、またはジェルを使用して保湿してあげることが大切です。特にビタミンCやプラセンタエキスが配合されているものは黒ずみに最も効果があると言われています。それと同時にビタミンCには美白効果もあるので美容効果が期待できます。さらに保湿にはヒアルロン酸やコラーゲンが豊富に含まれているものを選ぶといいでしょう。

ヒアルロン酸とコラーゲンがたっぷりの保湿ジェル【ピューレパール】を使ってみても良いでしょう。

脇の黒ずみの原因とケアのポイント

脇の黒ずみをケアするためにまず知っておきたいのが、なぜ脇の黒ずみが起こってしまったか?ということです。
それは普段のムダ毛処理の方法に原因がある可能性があります。
なぜなら正しい方法でムダ毛処理を行わなければ黒ずみ悪化の原因になるからです。
ムダ毛の処理の仕方は人それぞれで処理の仕方にも色々ありますが、自分で抜いたり剃ったりすると毛穴に汚れが入ったりして炎症を起こし黒ずみの原因になってしまいます。

また、引っ張る、剃るというのはメラニン細胞の働きが高まって黒い色素を生成し結果黒ずみの原因になります。そのため毛を抜くときはゆっくり無理に引っ張らないことです。また、剃る時などはボディクリームを付けるなどのケアが必要です。何度も剃らずに毛の流れに沿って1回で済ませるようにすると肌への負担が掛かることはありません。一番効果的なのが、カミソリや毛抜きの使用は控え、電気シェーバなどの使用をおすすめします。

保湿はたっぷり

脇のケアをした際に欠かせないのがローションなどでたっぷりと保湿してあげることです。そうすると毛穴の汚れが入りにくくなり、肌を健康な状態で保つことができます。コットンにたっぷりとローションを付けて脇に当ててあげるのもいいでしょう。

脇の黒ずみとビキニラインの黒ずみに特に効果的な保湿美容液【ラヴージュ・la bouje】は、とても効果が高く人気ですね。

まとめ

黒ずみをケアするに当たって、一番大切なのは保湿ですね。それとムダ毛処理の仕方にも気を付けなければいけません。間違った方法を続けていると肌はどんどん悪化してしまいます。脇が真っ黒になって悩む前に予防も兼ねて日頃から脇のお手入れと保湿の仕方にも十分に気を付けてケアしていくことが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る