コンテンツ詳細

ビキニラインは、体の中で黒ずみやすい部位の上位にあたります。
それと同時に、なかなか黒ずみを解消しにくい部位でもあります。
「どうして黒ずみができるの?」「どうやったらこの黒ずみが消えるの?!」そんなアナタの悲痛な叫びにお応えして、その原因と予防法・解消法・ケアについて詳しく解説していきます。

ビキニラインが黒ずむ原因

ビキニラインが黒ずむ理由

まずはなぜビキニラインが黒ずむのかをご説明しましょう。
黒ずみそのものができる原因はたくさんありますが、 ビキニラインには他の部位よりも切実な原因がひとつあります。

ビキニラインの黒ずみ最大の原因は下着

下着

下着を全くつけないという人は、おそらく日本にはいないでしょう。
下着による擦れ・締め付けは黒ずみの原因のなかでも上位にあたります。
擦れや締め付けにより肌が刺激を受け、防衛本能でメラニンを過剰生成した結果、色素沈着を起こしてしまうのです。
素材の問題もありますが、何より「着用することが当然」である以上はどうにもなりにくい部分がありますね。
むしろ下着を取るお風呂や、下着同然の海やプールに向けて気になるという人がほとんどなのではないでしょうか。

下着以外の原因

もちろん下着が100%の原因というわけではありません。
乾燥やホルモンバランスの乱れ、肌のかぶれやボディーソープの洗いのこりなどから炎症を起こしたりする場合もあります。
ホルモンバランスの乱れの場合は一時的なものがほとんどですし、肌のかぶれや炎症の場合にはまず治療することが先決です。
複数の原因からきている可能性もあるので、心当たりがある場合はひとつずつ処理していかなければなりませんね。

黒ずみを予防するには?

黒ずみを予防するには?
ビキニラインの黒ずみというのはどうにも防ぎにくくはありますが、それでも気をつけることはできます。
まずひとつめは下着のサイズ・素材を自分に合ったものにすること。
小さい下着や肌に合わない素材は、肌への刺激を強めてメラニンの生成を助長してしまいます。
そしてふたつめは、乾燥させないこと。
乾燥自体良くはないのですが、さらに痒みが発生して刺激を強めてしまう可能性が高いです。
せっかく下着を良いものに変えても、自分で引っかいてしまっては意味がありませんよね。
そのほかかぶれの治療や洗いのこしのないように気にかけておけば、以前よりは黒ずみができにくくなるはずです。

黒ずみの解消・治療法

黒ずみ解消治療法

原因・予防法が分かったので、できてしまった黒ずみを解消する方法をご説明しましょう。
美容整形・クリニック・皮膚科などさまざまな機関での治療が可能ですが、主に治療法は3種類です。

黒ずみの治療法①:レーザー治療

まずひとつめが、レーザーなどを照射して黒ずみを解消する方法です。
近年に至るまではずっと主流の方法であり、多くの皮膚科で黒ずみ以外に対しても使用されています。
先ほど原因として紹介したメラニンを排除することにより、黒ずみを薄くしていく効果があります。
施術を受けて目に見えて分かることがほとんどなので、即効性の面でも期待が高まります。
費用は1回の照射で数万円が相場で、平均すると5回前後の照射が必要になるといわれています。

黒ずみの治療法②:ハイドロキノン

ハイドロキノンは「美白効果」のある薬剤です。
市販の美白クリームなどにも配合されていますが、皮膚科で処方してもらうこともできます。
メラニンを減らし、増えにくくする効果で黒ずみを消していきます。
ただしお肌の防御を弱めてしまう副作用があるので、使用する場合には「保湿」が最重要ミッションとなります。
市販品よりも皮膚科のほうが濃度が高く、のちほど紹介する「トレチノイン」との併用は皮膚科でのみできます。
費用はまちまちですが、一般的な皮膚科であれば初診料&薬代で1~2万円と見ておけば間違いないでしょう。
薬だけであれば月々数千円の出費で継続していくことができますよ。

黒ずみの治療法③:ピーリング

ピーリングとは「お肌の再生」をするものです。
先ほど紹介した「トレチノイン」という薬剤や、薬剤を使わない代わりに光アレルギーだと受けられないピーリングレーザーというレーザーなどがあります。
古くなったお肌を剥がして、再生を促すはたらきがあるので、色素沈着したお肌を生まれ変わらせる(ターンオーバー)ことができます。
施術後は敏感肌なので「保湿」が最重要ミッションで、刺激を受けにくくしてあげる必要もあります。
市販品でも可能ですが、皮膚科などであればより強い・即効性のあるピーリングを行えます。
こちらも費用に関しては数万円~と考えておいて下さい。
ピーリングレーザーであればレーザー治療と同じくらい、トレチノインであればハイドロキノンと同じくらいですが、どちらも気持ち高めの相場ではあります。

専門治療であればまずは皮膚科へ

♡のクリーム

今までに黒ずみ治療をしたことがない場合はとくにですが、黒ずみの治療は皮膚科がおすすめです。
美容外科や美容皮膚科はより濃い黒ずみに対して有効ではあるものの、肌トラブルに関してはあくまで「美容」の域を出ません。
美しさと安全性を天秤にかけた場合、どうしても後者を選ぶ必要が出てきます。
安全性に美しさの追求を重ねる分には問題ありませんので、皮膚科での治療に満足できなければ美容に進んでも良いでしょう。
また費用に関しても保険適応外であっても皮膚科のほうが安価な傾向にあることも覚えておいて下さいね。

美容皮膚科ならココがおすすめ!

皮膚科での治療後に、美しさを追求するのにおすすめの美容皮膚科をピックアップしました。
ビキニラインともなると半分はデリケートゾーンなので、女性の方が安心な面もありますよね。
治療法もさまざまなので、参考までに知っておいてください♪

シロノクリニック(東京・大阪)

シロノクリニック
東京に3店舗、横浜、大阪の計5店舗を構えるシロノクリニックは、リピート率に定評があります。
治療項目・治療方法も幅広く、「色素沈着」の治療法だけでも3種類以上あります。
初診料が3,000円(再診1,500円)、処方500円など細かく金額設定がされており、部位や回数・治療法がそこにプラスされていく形です。
個人個人で全く料金は異なりますので、治療法が定まっていない場合にはおすすめです。

シロノクリニック

南青山スキンケアクリニック(東京)

南青山スキンケアクリニック
女性のスキンケアから脱毛・皮膚科一般・アレルギー科など幅広い分野を診療している南青山スキンケアクリニックは、レーザーホワイトニング以外にも美白剤・トレチノインの扱いも行っています。
ちょうど一般と美容の間くらいの皮膚科なので、美容皮膚科デビューにはピッタリです。

南青山スキンケアクリニック

新宿ビューティークリニック(東京)

美容整形・美容外科・美容皮膚科という美容3大治療を行っているのが新宿ビューティークリニックです。
ケミカルピーリングによって、お肌を美しく生まれ変わらせる治療を行っています。
浸透力をあげる「イオン導入コース」もあるので、より深いところのお肌にも作用します。
美をとことん追求したい方には、おすすめの美容皮膚科です。

新宿ビューティークリニック

どれを選んだら良いか迷う方はとりあえず、シロノクリニックはどんな方でも失敗はないかとおもいますよ♪
シロノクリニック

ビキニラインの黒ずみケア

次にビキニラインの黒ずみのケア方法についてみてみましょう。
今回は口コミで関心の高かった3種類のケア方法を、それぞれ効果とともに解説していきます。

ビキニラインのケアはニベア

ニベア

まずは万能の市販クリーム、ニベアです。
「とりあえず塗っておこう」と思うくらいには万能で、保湿作用に定評がありますよね。
「黒ずみにも効果がある!」という口コミもありますが、この答えはNOです。
乾燥が防げたり、毛穴に詰まっているような鼻などの黒ずみには効果が期待できます。
ニベアクリームには保湿効果はあるものの、ビキニラインの黒ずみの解消は不可能です。
保湿に関しては有効なので、身近&安価な保湿を求めるのであればニベアクリームを使ってみても良いでしょう。

ニベアの口コミ

ビキニラインのケアには石鹸選びが重要

ビキニラインの石鹸

黒ずみの原因にも出てきましたが、刺激をおさえるための「石鹸」とピーリング効果のある「石鹸」があります。
前者の場合はお肌への刺激をおさえること、後者の場合は「黒ずみの解消」への効果も少なからず期待できるでしょう。
お風呂といえば数少ない毎日ビキニラインをケアできる時間ですので、ぜひ「石鹸」の使い方について考えてみてくださいね。
また石鹸を使わないことで乾燥を防ぐこともできるので、お風呂タイムについて見直してみるのも良いでしょう。

馬油でビキニラインの黒ずみを解消

とくに乾燥の強くなる冬場におすすめなのが馬油などのオイルによるカバー力の増強です。
そのなかでも馬油はサラッとしているのに保湿ケア力が高く、ニオイさえ気にならなければ使いやすいと評判です。
これもニベア同様毛穴の黒ずみに対する効果しか期待できないので注意です。

黒ずみの解消とケアを同時にできるクリーム

最後に知っておいてほしいのが、解消とケアを同時に進めることができるクリームがたくさんあるということです。
ビキニラインの色素沈着による黒ずみと、再びその黒ずみができないようにするための予防、ケアにも使える一石二鳥なクリームを紹介していきます。

市販クリームはNG

NGの写真
薬局やドラッグストアに売っているようなクリームは、保湿にしかならないことがほとんどです。
さきほど紹介したニベアなんかもそうですね。
効果があったとしても「美白」「ピーリング」のどちらと、「保湿」を万全なまでに備えていないとダメなので、やはり専門のものが良いでしょう。
通販で買えるものばかりなので、市販品より手軽に購入・選別できるのも魅力ですね!

アットベリー

アットベリー写真

5種類の美白成分と6種類の保湿成分で、柔らかい潤いのある肌にしてくれますよ!

参考価格:5,440円 ⇒ 2,980円(初回分) 返金保証:180日間

管理人のアットベリー体験談を下のブログに書いているので興味があるかたは見てみて下さいね♪

関連記事 : リピーター続出!脇の黒ずみ解消の新しい味方「アットベリー」

ピューレパール

ピューレパール

続いてピューレパールです。
こちらもワキに向けて作られましたが、もちろんビキニラインにも使えます。
「エステ級ジェル」と自負しているので、美しさを追求したい女性にはおすすめですね。

「低刺激」というワードが多く目立つように思えました。
美白成分と潤い成分は最高級の高濃度のものばかりを集め、さらに低刺激を実現したまさに夢のようなクリームです。

参考価格:4,750円 返金保証:25日間

以下の記事で、ピューレパールについてより詳しく書いてあるのでご覧下さい。

関連記事 : 脇の黒ずみ解消クリーム!ピューレパールを使用した結果

ピーチローズ

ピーチローズ

ほのかなバラの香りが人気のピーチローズは、お尻のニキビやシミ・黒ずみに対して作られました。
マッサージジェルとしても使えて、引き締め効果があるのも特徴ですね。
かの有名なミランダ・カーも愛用者ということで、注目が集まっています。


お尻というのはビキニラインにも近い部位なので期待が高まりますね!
無添加でありながら美白成分も含み、さらにオールインワン&高保湿という、まさに言うことナシです。

参考価格:初回5,195円 返金保証:60日間

ピーチローズ公式サイト

クレアフォート

cleafort

今回唯一のビキニラインとワキの黒ずみに対してという、まさにストライクゾーンど真ん中を攻めてきたのがこのクレアフォートです。
「至上最高級の濃密美白」とうたうだけあって、メインは黒ずみを美白することのようですね。
見た目に美しい肌を手に入れることに重きを置き、黒ずみはもちろん肌のハリや透明感・毛穴へのアプローチも期待できます。

黒ずみがじわじわ改善されてきました。以前に比べると潤いがアップしたようです。しっとりすべすべの肌を維持できています。
引用 :http://www.modernbeauty.jp/cleafort/003/index.html

気に入っている点は2つあります。1つは使い心地です。クレアフォートはぷるっとしたジェルタイプなので伸びがよく、ベタベタしません。もう1つは刺激が少ない所です。生理前になると肌が弱くなるのですがこれはヒリヒリしたりすることなく使えます。
もちろん美白効果もあると思います。
引用 :http://www.modernbeauty.jp/cleafort/003/index.html

ビキニラインにも塗っているんですが、少しずつ黒ずみが薄くなっているのでケアをするのが楽しみになっています。
引用 :http://www.modernbeauty.jp/cleafort/003/index.html

黒ずみに特化したものだけあって、「黒ずみがなくなった!」という口コミが非常に目立ちました。
その他にも使い心地が良い、毛穴の凹凸も気にならなくなったなどの口コミがあったので、黒ずみを最優先したい場合にはおすすめです。
逆にお肌のケアに対してはあまり評価されていなかったので、ほかのものに比べるとその辺りは感じにくいかもしれませんね。

参考価格:4,960円 返金保証:最大120日間

クレアフォート 公式

ビキニラインの黒ずみ まとめ

いかがでしたか?
ビキニラインの黒ずみの解消・予防は、思っていた以上に難しそうですね。
皮膚科で綺麗に治しきっても、体質や生活の中で再発する可能性は非常に高いですし、保湿だけしていても出来てしまった黒ずみは解消しません。
となるとやはりクリームがおすすめにはなるのですが、種類がある上に効果が心配ではありますよね。
口コミをどれだけ見ても実際自分に効くかどうか分からないし、まずどれにしようかすら悩んで決められないこともあるかと思います。
そんなとき、「価格」と「返金保証」に目を向けてみてください。
より手軽に・気楽に試せると思ったものを試してみると、万が一合わなかったな~と感じてもまた挑戦する気力が沸いて来ますよ!

関連記事

ページ上部へ戻る