コンテンツ詳細

女性のムダ毛が気になる部位NO.1が“脇”です。
とくに薄着の季節になると、「キレイな脇にしておきたい」と思う人が多いと思います。
ちょっと前まではハードルが高かったけど、今は比較的お手軽になった脇の脱毛について1から10まで解説しちゃいます!
脇の脱毛やむだ毛の処理方法に悩む人は、ぜひ参考にしてくださいね♪

自宅でできる脇の脱毛方法

まずは最もお手軽な自宅でできる脇の脱毛方法について説明していきます。
普段のお手入れ方法に悩んだり、いきなり大掛かりなものはちょっと…と思う人にはおすすめですよ。

剃刀や毛抜きはNG

脇の脱毛はカミソリ
最もポピュラーな脇のムダ毛処理方法に、剃刀や毛抜きでのお手入れがあると思いますがこれはNGです!

剃刀は処理の回数を重ねるごとに毛が濃くなったり、色素沈着や肌荒れを起こすことが多いです。

毛抜きは剃刀より毛の生える周期は遅くなるものの、埋没毛や毛穴の炎症などによりブツブツができてしまったりします。

やむを得ず使用する場合は仕方ありませんが、できるだけ使わないほうが最終的にキレイな脇にすることができます。

とくに色素沈着・埋没毛・毛穴のブツブツに関しては、できてしまうと無くす方が大変なので注意が必要です。

どうしても自宅で処理したい場合はできるだけ電気シェーバーなど脇や肌や毛穴に負担のないものを使うようにしてください

自宅で脇の脱毛をするおすすめの方法

オススメ方法
あくまで“自宅でセルフ脱毛する方法”の中でおすすめのものを2つご紹介します。
それぞれメリット・デメリットがあるので、自分の肌質や脇毛の濃さなどと相談して試してみるか決めてくださいね。

脱毛クリーム・除毛ワックス・抑毛ローション

さまざまな脱毛・除毛製品の中で、比較的安定して効果が出やすいのが脱毛・除毛クリームやワックスです

テープややすりなどは肌へのダメージが大きく、またムダ毛の処理も甘いことからあまりおすすめできません。
ダメ!ぜったい

敏感肌やアレルギーなどの体質で、クリームやワックスが使えない場合は検討してみてもいいと思いますが満足いく効果が得られるかどうかは少々不安ではあります。

クリームやワックスも肌へのダメージはありますし、完璧に処理するのは難しく処理前に毛を伸ばしっぱなしにしておく必要があったりするので注意してください。

またこういったクリームやワックスには、それぞれ名称に効果の違いがあります。

脱毛
毛根からなくすもの。クリームやワックスに毛を吸着させて、剥がすように抜く。
除毛
肌から出ている毛を処理するもの。アルカリ性のクリームやワックスで毛を溶かす。
抑毛
毛の生えてくる周期を遅らせるもの。ローションタイプが多い。

製品を選ぶときにはこの中のどれに焦点を合わせるかが重要になってきます。
基本的には脱毛か除毛のものを選んで、アフターケアに抑毛のものを使うのが推奨されます。

自宅用脱毛器「ケノン」

ケノン
近年増えてきているのが自宅でセルフ脱毛ができる脱毛器です。
そのなかでも人気が高いのが「ケノン」です。

脱毛サロンや美容外科に通うことなく脇や全身の脱毛ができるということで人気ですが、使い方には十分注意する必要があります。

ケノンは脇だけでなく男女問わず全身に使え、サロンではお休みしなければいけない妊娠中や授乳中でも使えるのが魅力です。

美顔効果もあるので、毛を処理しながら美顔器として使えるのも嬉しいですね♪

痛みを感じる人も中にはいますが照射のレベルを調節することで緩和しますし、脱毛サロンや美容外科で脱毛しても痛いものは痛いので同じことですね。

ただしカートリッジの交換が必要にはなるので、継続して使うには多少の出費があることは覚えておいてください。
詳しくはケノン公式ホームページをチェックしてください。

ケノン公式サイト

脇の汗は脱毛で気にならなくなる?

脱毛すれば脇汗わ気にならない?

ムダ毛と並んで脇のお悩み率が高いのが汗のトラブルですよね。

汗の量やニオイ・汗ジミに悩まされている人を多く見かけます。

そんな脇汗の対策と脱毛には、こんな関係性があります。

  • 脇毛がなくなる(少なくなる)ことで、雑菌の繁殖を防ぎニオイ予防になる
  • 汗の伝う感覚や汗をかくことに過敏になり、汗の量が増えたように感じる
  • レーザー照射などで毛穴そのものにダメージが加わると、発汗抑制効果がでることがある
  • 脇汗パットやインナーの密着度があがり選択肢が広がることで、汗ジミ予防にもなる

まれに「汗の量やニオイが気になるようになった!」という声を聞きますが、実際に汗自体が悪化しているようなことは少なく“意識することでそう感じたり、精神的要因による発汗が促されている”ケースがほとんどです。

気にしすぎないようにしていれば、次第に汗も気にならなくなります。

脇汗で悩む方は脇毛を綺麗にすることによって、解決することが多いです。

脇汗対策方法(脱毛以外)

脇汗対策方法
脇の脱毛以外にも脇汗の対策はあります。

脇汗パットは一時的に対策になりますし、手術を受けることによって脇の毛穴を塞ぎ汗自体を出すことを防ぐことができます。

臭いが気になる方は汗とムダ毛がマッチして起こっている場合が多いので上記のように一時的に対策しても根本的な臭い解決にはならないかと思います。

やはり臭いが気になるのであれば脇のムダ毛を正しい方法できちんと脱毛することが良いです。

脱毛サロンや美容外科のおすすめ

オススメ
どうせやるならしっかり処理したい!という人におすすめなのが脱毛サロンや美容外科などプロの手を借りる方法です。
今回は美容脱毛・医療脱毛それぞれのおすすめを紹介していきます。

美容脱毛ならおすすめは「ミュゼ」

ミュゼVIOの口コミと料金

とりあえず脇の脱毛をしたい!という方におすすめなのが脱毛サロンのミュゼです。
やはり女性のムダ毛が気になる部位NO.1の脇だけあって、ミュゼもそこに重点を置いたプランを手がけています。
美容脱毛というお肌のケアもしっかりと管理してくれる脱毛方法なので、初めての場合や日ごろのケアがめんどうな人にもおすすめできます!


プラン内容は時期により異なりますが、現在のサマーキャンペーンではなんと「両ワキ&Vライン完了コース」が驚異の100円ポッキリ!!
これ以上安くて効果もある脱毛サロンは聞いたことがありません。
他にも「両ワキ&Vライン完了+選べる部位2ヶ所」が通常12,800円のところキャンペーン中のみ1,280円など、誰でも気軽に試しやすいプランが揃ってます。
自分が脱毛し終わる前にこんなプランがあったら、間違いなく飛びついてますね(笑)
施術も脇&Vラインだけなら10分~15分程度で終わるので、たったの100円なら万が一試してみて止めたくなっても気になりませんよね♪

ミュゼ公式サイト

美容・医療脱毛の痛さや、期間、回数が不安!

不安
美容サロンや美容外科に通う脱毛だと、とくにはじめての場合はさまざまな不安があると思います。

今回は不安に思う人の多い項目をピックアップして、しっかり解説していきます!

自宅脱毛かプロの脱毛か悩んでいる場合は参考にしてみてくださいね。

美容・医療脱毛のレーザー照射

レーザー治療
ミュゼに限らず、脱毛をレーザー照射でおこなうところがほとんどです。

美容脱毛より医療脱毛のほうがより強力なレーザーを使うことができるので、完了までの期間が比較的短いということですね。

このレーザーはサロンやクリニックなどで違うものを使用していることがほとんどです。

通っている間により高性能なものに変わったりして、施術時間・痛みの軽減などに多少の差が出てくることがあります。

脱毛完了までの回数はどれくらい?

レーザー照射で気になるのが、「どれくらいの回数で脱毛できるのか」ですよね。

はっきり何回というのは毛の濃さやお手入れなどによる個人差が大きいのでお応えできませんが、平均的な話であればおよその回数が分かります。

大きく美容脱毛と医療脱毛に分けた場合の回数をご紹介しておきますね。

美容脱毛

美容脱毛で完了までに必要とされる施術回数は、6~10回が最も平均的です。
効果を実感しはじめる回数は、3回目くらいからで、完全に脱毛し終わるのには6~10回の回数を通い、満足する場合が多い。

医療脱毛

一方医療脱毛で完了までに必要とされる施術回数は、5~6回が最も平均的な回数です。
早ければ1,2回目には効果を感じ始め、5~6回目遅くとも8回の回数を通うと満足する場合が多いです。

このようにはっきりと何回!という回数は断言できませんが、通常、回数でいうと10回未満でどちらの脱毛方法でも完了します。

皮膚科と美容外科の違い

医療脱毛にも種類があります。

プロの脱毛で医療脱毛の部類に入るのが美容外科・美容皮膚科・皮膚科です。

前者2つはほとんど併設されていますが、皮膚科と美容外科(美容皮膚科)はまた別物です。

皮膚科ではレーザーよりもニードルを使って毛穴を火傷させて脱毛する方法が主流で、完全に医療機関の部類に入ります。

美容外科は脱毛サロンやエステサロンなどに近い部類ですね。

脱毛したいけど敏感肌やアトピー肌などで医師の監修があるほうが安心できる場合は皮膚科のほうが向いているかもしれません。

少なくともいちどかかりつけ医・施術するサロンやクリニックに確認してみることをおすすめします。

レーザー脱毛はどのくらい痛いの?

ショック

脱毛はほとんどの場合が痛みを伴います。

個人差はありますが、9割以上の人が少なからず痛みを感じその中の2割が「痛みに耐えかねて断念しかけた」というほどの痛みを感じることがあります。

部位によっても差がありますが、回数を重ねるごとに痛みが軽減することがほとんどなので最初の数回は頑張って耐え抜きましょう。

冷や汗が出るほど痛みが強い場合やどうしても我慢しきれない場合は、施術のときにひとこと「痛みに不安がある」と伝えておけば部分麻酔(有料の場合はほとんど)や照射ペースを緩めるなど少しでも痛みを軽減しようとしてくれますよ。

脇にしこりがある場合

まれに脇にしこりができる場合があります。

悪性の場合ガンやそのほかの病気の可能性があるので脱毛うんぬん以前の問題になってしまうのですが、良性の場合も注意が必要です。

多くが自己処理による化膿や炎症が原因ですが、その場合は自己処理を続けると再発の可能性があるので早めに脱毛しておくと良いですよ。

良性のしこりは痛みがあってやわらかく、押すと動くような感じがして肥大化したり転移したりはしません。

しこりを治すまでは脱毛できませんが、清潔にして化膿止めなどを塗っておけば自然と治癒していきます。

きっちりしこりを治したら、できるだけ早めに脱毛しておくと再発を防ぐことが出来ますよ。

脇の脱毛 まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

  • 自宅でできる脇の脱毛方法とそのメリット、デメリット
  • おすすめの脱毛サロンや美容外科の紹介
  • 美容脱毛と医療脱毛のちがいとメリット、デメリット
  • レーザー脱毛の完了回数や痛みについての解説
  • すでに脇に痛みを伴うしこりがある場合は治して脱毛

この5点について、さまざまな角度から脱毛との関連を紹介してみました。

気になる人が多い脇だけに、さまざまな製品や脱毛プランが出ていて迷うことも多いと思います。

そんなとき、方法を選ぶ参考にしてみてくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る